Butthole Surfers

ジャンル:
Butthole Surfers プロフィール画像

Butthole Surfersのバイオグラフィー

Butthole Surfers (バットホール・サーファーズ)

バットホール・サーファーズテキサス州サン・アントニオで出会ったギビー・ハインズとポール・レアリーが81年に結成。Dead Keneddiesのジョン・ビアフラのレーベル"オルタナティヴ・テンタクルズ"に在籍後、タッチ・アンド・ゴーに移籍し、84年に1stアルバムをリリースしている。

アシッドサイケ、テキサスサイケ、ヘヴィでノイジー、ロカビリー・ウエスタン風、アヴァンギャルド、ファンク、ヒップホップ、REM風の歌モノ。そして最大の魅力は狂気。アルバムを一枚通して聞けば、彼らの狂人ぶりが理解できるだろう。日本盤ライナーにあるように、頭がグチャグチャになりそうなシロモノだ。インディシーンではカルト・ヒーローとして君臨していた模様。

特にギビー・ハインズのイカれ具合は凄まじいらしい。ライヴ中に突然ライフルをぶっ放したり、脇の下でオナラの音を再現したりと、パフォーマンスもさることながら、電話インタビュー中に放尿したり、常人の常識など通用しそうにない人物だ。来日公演では、興奮してステージに上がってきた女性をぶん殴るという最凶伝説も残している。

91年にキャピタルレコードとメジャー契約を結び、アルバムを数枚リリースするが、後に契約解消裁判で揉めることになる。ちなみにTouch And Goとも裁判で揉めている。しかし、2001年に5年ぶりとなるアルバムをリリース、フジロックにも出演した。ステージでの奇行は相変わらずで、シンバルを燃やしていたらしい。