DJ Krush

ジャンル:
DJ Krush プロフィール画像

DJ Krushのバイオグラフィー

DJ KRUSH(ディージェイ クラッシュ、本名: 石(いし) 英明 1962年 - )は、日本の茨城県生まれのDJ。

若い頃は暴力団員(金融関係)であったが、映画「ワイルドスタイル」に偶然出会いヒップホップに命をかけることになる。当時のヒップホップ創世記には、ディスコミキサーというべき機材はなく、現在の物とはかけ離れた位の大きさのミキサーに自作で取り付けたスイッチやLRのフェーダーを割り箸で繋げてDJをしていた。

1980年代後期からは原宿のホコ天にてCRAZY-A、B-FRESH、DJ KRUSHの実弟DJ BANG等とストリートで活動してきた。そこでMUROやDJ GOと知り合い、やがてKRUSH POSSEを結成し数多くのコンテストやライブに参加することになる。日本で初めてターンテーブルを楽器として操るDJとして注目を浴びる。

90年に差し掛かってきた頃から本人の音楽性に変化がおとずれる。もっと自分らしく、DJ一人でも表現出来るヒップホップをもがき苦しみながらも模索するうち、KRUSH POSSE解散をきっかけにその意欲はますます強まり、莫大な数のトラックを作りやがてそれがイギリスを拠点とする独創的レーベルで有名なMO'WAXのジェームス・ラベルの耳に止まる。時は同じくアメリカは西海岸にてDJ SHADOWも同じようなムーブメントを起こしており、それらはトリップ・ホップとも呼ばれていた。

ソロ活動開始後は、日本,ヨーロッパ,アメリカを中心に世界各地で多数の作品を発表。ソロ作品はいずれも国内外の様々なチャートの上位にランク・インし、6thアルバム『漸-ZEN-』は、"インディーズのグラミー賞"といわれるアメリカのAFIMにアウォーズにて"ベスト エレクトロニカアルバム 2001"最優秀賞を獲得。2004年にリリースした8thアルバム「寂」では、CMJ(全米カレッジラジオ)RPMチャート(エレクトロニック系)で3 週連続一位を獲得。