Daft Punk

ジャンル:
Daft Punk プロフィール画像

Daft Punkのバイオグラフィー

ダフト・パンク (Daft Punk) は、フランス出身のハウス・ニューウェーブユニットである。トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter、1975年1月3日-)とギ=マニュエル・ドゥ・オメン=クリスト(Guy-Manuel de Homem-Christo、1974年2月8日-)の2人組。1994年にシングル『ニュー・ウェイヴ (The New Wave) 』でデビューした。フレンチ・ハウスシーンのトップアーティストである。

ライブやミュージック・ビデオクリップでは、ロボコップのような仮面を被って本人達の素顔を公開しないなど、ユニークなセンスも評価されている(顔の部分全面に窓が付いているのがギ=マニュエル。目の部分にだけ窓があるのがトーマ。それぞれ窓にはカラフルなLEDイルミネーションが光る)。 ロボットになった理由(設定)として、1999年9月9日にコンピューターのバグで機材が爆発。その事故によって2人はサイボーグになってしまったとインタビューで語っている。

1987年、パリの学生だったトーマ・バンガルテルとギ=マニュエルは知り合い、2人ともジミ・ヘンドリックスやモータウン・ミュージックといったロックやソウル・ミュージックに興味を持っていたために意気投合する。1990年にはダーリンというバンドを結成し、 ステレオラブのレーベルから数曲をリリースした。ある日、このステレオラブの前座を務めたダーリンに対して、イギリスの音楽誌メロディ・メーカーは、レビューで「ダフト(愚かな)パンク」と酷評。ところが二人はこの言葉を気に入り、自分たちの新たなユニット名にする。この頃からハウス・ミュージックへと方向性を転換した。

ダフト・パンクとしてのデビューシングル『ニュー・ウェイヴ』に続いて、1995年にはシングル『ダ・ファンク (Da Funk) 』をリリース。これがヨーロッパを中心に大ヒットとなり、世界的に知られるハウスユニットとなった。『ダ・ファンク』はスパイク・ジョーンズがミュージック・ビデオを監督し、アメリカでも大量にオンエアされたため、初のフルアルバム『ホームワーク (Homework) 』(1997年)はアメリカでも大きな成功を収めた。クラブ系アーティストとしては異例の全世界で220万枚のビッグセールスを記録し、これがヨーロッパとアメリカを回る大規模なライブツアー「Daftendirektour」に乗り出すきっかけとなる。ちなみに、同アルバムからシングルカットされている『アラウンド・ザ・ワールド (Around The World) 』のミュージック・ビデオは、ビョークやレディオヘッド、ケミカル・ブラザーズなどのPVも手掛けた気鋭の映像作家、ミシェル・ゴンドリーが監督している。

そして2001年3月、2枚目のフルアルバムとなる『ディスカバリー (Discovery) 』をリリース。先行シングル『ワン・モア・タイム (One More Time) 』は2000年末から2001年にかけて大ヒットを記録。2人が大ファンであったという日本の漫画家、松本零士によるアニメーションクリップも注目を集め、全英チャート2位、本国フランス初登場1位を記録し、日本でも30万枚を売り上げるなど大ヒット。このアルバムからは、GAPのCMで『デジタル・ラブ』が使用され、本人達もお馴染みのロボット姿で出演して話題となる。日本でもソニーVAIOのCMに『ワン・モア・タイム』が採用された。

『ディスカバリー』発売から2年、その全曲がフィーチャーされた映画『インターステラ5555』が公開され、2003年カンヌ国際映画祭の監督週間で特別上映された。本作が、松本零士の画業50周年記念作品でもある。

以降ライブ活動など一切を休止していたが、2005年に待望のサードアルバム『Human After All~原点回帰』を発表した。

2006年8月12日・13日に行われたSummer Sonic '06で来日。Mountain Stageでヘッドライナーとして参加。

2007年4月28日(日本での公開日)、二人が監督・脚本(トーマは撮影監督も担当)を手がけた映画『エレクトロマ』が公開された。彼らと同じロボットが主人公(役名は、「ヒーロー・ロボット#1」「#2」)だが、演じているのは「ピーター・ハートゥ」と「マイケル・ライヒ」で、ダフト・パンクの両人ではない(演じている両人も、ダフト・パンクによって設立された映像制作プロダクション「ダフト・アーツ」のアシスタントスタッフで、俳優ではない)。

同年、カニエ・ウェストが楽曲『Stronger』に『Harder, Better, Faster, Stronger』をサンプリング。ミュージック・ビデオには彼らも出演。

トーマ・バンガルテルはスターダスト名義でも活動している。

ディスコグラフィー

アルバム

* ホームワーク (1997年)-デビューアルバム。(2007年に再発)
* ディスカバリー (2001年)
* アライヴ1997 (Alive1997/2001年) - ダフト・パンク初のライブアルバム。
* ダフトクラブ (Daft Club/2003年) - リミックスアルバム。
* Human After All~原点回帰 (2005年)
* MUSIQUE VOL.1 1993-2005 (2006年) - ベストアルバム。
* ピラミッド大作戦 (Alive2007/2007年) - フランスでの凱旋パフォーマンスを収めたライブアルバム。

DVD/ビデオ

* D.A.F.T. (2001年)
* インターステラ5555 (2003年)
* エレクトロマ(2006年)

CM

* GAP (2001年)With ジュリエット・ルイス
* Sony Ericsson (2004年) - DoCoMo premini