Devo

ジャンル:
Devo プロフィール画像

Devoのバイオグラフィー

ディーヴォ(Devo)はアメリカのロックバンド、1974年結成。オハイオ州アクロン出身。

「Devo」とは「De-Evolution」の略であり、『人間退化論』が音楽のバックボーン的テーマである。アルバム毎にプロットに沿ったテーマがある。

マーク・マザーズバーとジェラルド・V・キャセールがオハイオ州ケント州立大学在学中に運命的な出会いを果たしDEVOを結成。

ニュー・ウェイヴの代表的なバンドであり、彼等に影響を受けたミュージシャンは数知れない。本国アメリカではニルヴァーナ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンといった有名どころのバンドが楽曲をカバーしており、日本では特にPOLYSICSが強い影響を受けている。

『オー・ノー!イッツ・ディーヴォ』では名プロデューサー、ロイ・トーマス・ベイカーを起用し、『シャウト』以降ではサンプリングシンセを導入してさらにサウンドを深化させたものの、1980年代半ばをピークとして次第に活動のペースを緩やかにしていった。

1990年に8枚目のアルバムを発表した後は活動を停止したが、時折活動を再開することもあり、2003年のサマーソニックにて23年ぶりの来日も果たした。

2006年、Devoの名曲を少年少女のメンバーに歌わせる'Devo 2.0'というグループをサポートし、アルバム"Dev2.0"をリリースした。

2007年、1990年以来となる新曲「Watch Us Work It」を発表。

2008年、サマーソニックにて来日。



歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー