Dinosaur Jr.

ジャンル:ロック
Dinosaur Jr. プロフィール画像

Dinosaur Jr.のiTunes Store人気曲

Dinosaur Jr.のバイオグラフィー

Dinosaur Jrは1983年、マサチューセッツ州アムハーストにて、Deep Woundというハードコア・パンクバンドをやっていたJ Mascis(G/Vo)と、ハイスクールのクラスメートだったLou Barlow(B)により結成され、その後すぐに、Murph (Emmet Patrick Murphy/Dr)がメンバーに加わった。

 Country Joe and The Fish、Jeffeson Airplaneの元メンバーのバンドがThe Dinosaurと名乗っており、法に抵触する可能性があったため、デビューアルバムである『Dinasour』(1985年)を発表後すぐに、バンド名を変えている(少なくとも1987年までは、Dinosaurの名前を使っていた。その証拠に、『Your' re Living All Over Me』のいくつかのコピーには"Jr"の文字が欠けている)。

 1987年、彼らはSonic YouthからのすすめでSST Recordsと契約、彼らのベスト作とされている『Your' re Living All Over Me』をリリースした。次の年には『Bug』を発表する。イギリスで『Bug』は、Sonic YouthやBig Black、Butthole SurfersらのレーベルであったPaul SmithのBlast First Recordsからリリースされた。この時期、彼らは大音量のライブをやるバンドとして知られるようになった。

 大きな商業的な成功はなかったものの、カルト的な熱狂を獲得していた。『Freak Scene』と『Just Like Heaven』の成功は、Sonic YouthやNirvanaと仲がよかったことも相まって、結果的にWarner Brothersとの契約に結びつくことになった。彼らの曲はギターノイズに包まれ、メロディックで構成も単純であったため、同時代のPixiesとともに、その後に登場してくるNirvanaに大きな影響を与えている。

 Mascisがステージ上でBarlowを殴ったこともあるといい、MascisとBarlowの緊張が高まった1989年に、ついにBarlowがバンドを脱退する。彼はその後、Sebadohで作品を作り続けた。結果的にDinasour Jr.という名前はMascisの別名とほとんど変わらなくなってしまった。その後、イギリスではBlanco y Negroに、アメリカではWarner/Sireにレーベルを変え、このレーベルから最初にリリースされた作品が『Green Mind』だった。

 Barlowがバンドを去った後、Screaming TreesのVan ConnerやTeam DreschのDonna Dreschが1990年のライブで一度だけベースを弾いたこともあった。
 1991年、Mike JohnsonがフルタイムのベースプレイヤーとしてDinasour Jr.に参加し、『Whatever's Cool With Me』(1991年発表)、『Where You Been』(1993年発表)、『Without A Sound』(1994年発表)、『Hand It Over』(1997年発表)の制作にそれぞれ加わっている。

 ドラマーのMurphはロラパルーザツアー終了後の1993年終わりにバンドを脱退する。

 この後、Geroge Berzがドラムとして1994年から97年まで参加し、『Without A Sound』と『Hand It Over』の制作に参加した。また彼は、後のJ Mascis & The Fog名義のバンドにも参加している。

 80年代と比べ、90年代のMascisはより静かな音楽を探究していた。またバンドは、Jesus and Mary ChainやMy Bloody Valentine、Blurなどが参加した"Rollercoaster"ツアーでも一役を担っている(このツアーはLollapaloozaツアーの成功を受けたものである)。1993年にリリースされた『Where You Been』では、オープニングトラックであった『Out There』のビデオが収録され、短い間ながらMTVでも放映されていた。1994年の『Without A Sound』、1997年の『Hand It Over』以降、J Mascis & The Fogの名義でアルバムをリリースしていくことになる。

 2004年、J MascisはSST RecordsからDinasour Jr.名義の3作品の原盤権を取り戻し、2005年にMergeレーベルから再リリースした。この再リリースと同時に、Mascis、Barlow、Murphのオリジナルラインアップでの再結成が発表され、その夏に再結成ツアーを行っている。このツアーが成功したことが後のアルバム『Beyond』とシングル『Been There All The Time』(2007年発表)につながっている。これはLou Barlowが1989年に最初にレコーディングしたものであったという。オリジナルラインアップでのツアーは結局2005年まで延長され、今も世界をツアー中である。


ディスコグラフィー

■スタジオ・アルバム
ダイナソー - Dinosaur (1985)
ユーアー・リビング・オール・オーバー・ミー - You're Living All Over Me (1987)
バグ - Bug (1988)
グリーン・マインド - Green Mind (1991)
ホエア・ユー・ビーン - Where You Been (1993)
ウィズアウト・ア・サウンド - Without A Sound (1994)
ハンド・イット・オーヴァー - Hand It Over (1997)
ビヨンド - Beyond (2007)
ファーム - Farm (2009)

■コンピレーション・アルバム
Fossils (1991)
Jayloumurph (1993)
Ear-Bleeding Country: The Best of Dinosaur Jr (2001)
Zombie Worm (2006)

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー