Donovan

ジャンル:
Donovan プロフィール画像

Donovanのバイオグラフィー

ドノヴァン・フィリップス・レイッチ(Donovan Philips Leitch, 1946年5月10日 - )は、スコットランドのミュージシャン。単にドノヴァン (Donovan) として広く知られている。

スコットランド、グラスゴーのメリーヒルで生まれる。彼は幼少時にポリオに感染したが、幸いにも後遺症は残らなかった。1956年に一家はイングランドのハットフィールドに転居する。家族はスコットランドやイングランドのフォーク・ミュージックを愛し、その影響を受けた彼は14歳でギターを始める。学校を卒業後、彼は長年の友人ジプシー・デイヴと共にイギリスの周りを数年間、フォークソングを演奏しながら旅行した。

イギリスのフォーク界にデビューし、いくつかのテレビ番組出演後、1965年には成功するが、彼の成功はイギリス国内に限られた物であった。しかし、エピック・レコードと契約し、プロデューサーのミッキー・モストと組むようになって彼はフォーク、ジャズ、ポップ、サイケデリック、そしてワールド・ミュージックを混合したスタイルで成功を得た。

ドノヴァンはたちまち有名で人気のあるイギリスのアーティストとなる。1966年から1970年にかけてヒット・シングルやアルバムを多数リリースした。彼はビートルズとも親交を深め、彼らとコラボレーションを行った僅かなアーティストの内の一人であった。彼はまた1970年代から80年代にかけてもナッシュヴィル・サウンドやR&Bなど、その時代性を取り入れながらコンスタントにコンサートやレコーディングを行ったが、グラム・ロックの要素を導入した「コズミック・ホイールズ」のヒットを最後にチャートからは無縁になっていった。ドノヴァンはその長い経歴の間に数度、公演やレコーディングから身を引いたが、1990年代には大きなリバイバル・ブームによってその人気を回復し、1996年に著名なプロデューサーであり、彼の長年のファンであったリック・ルービンと共にアルバム『スートラ~経典(Sutra)』をリリースした。その後もコンスタントに活動しており、2004年にも『Beat Cafe』をリリースしている。