Dropkick Murphys

ジャンル:
Dropkick Murphys プロフィール画像

Dropkick Murphysのバイオグラフィー

ドロップキック・マーフィーズ(Dropkick Murphys)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンのパンクロックバンドである。

1996年に結成・デビュー。1997年に初のアルバム『Do or Die』を発表。その後メンバーの脱退・加入を繰り返し、2004年に現在のメンバーに至る。
バグパイプやアコーディオン、マンドリンなどを使用し、アイリッシュ・トラッド・ミュージックの影響を多分に受けており、今やアイリッシュ・パンクの代表格(現在、メンバーのうちアイルランド民族の血を引くのはリーダーのケンのみ)。
メンバー全員が熱狂的なボストン・レッドソックスのファン。2004年にレッドソックスのチームスタッフの間で昔歌われていた「Tessie」をリバイバルで発表した。この年レッドソックスはいわゆる「バンビーノの呪い」で長らく優勝できなかったジンクスを破り、世界一に輝いたこともあり、この曲はワールド・シリーズのレッドソックス主催ゲームで球団公認歌として流された。
『The Warrior's Code』に収録された曲、「I'm Shipping Up to Boston」はディパーテッドの挿入歌として使われたがレッドソックスのクローザー、ジョナサン・パペルボンの2007年テーマ曲として広く知られている。特にアメリカンリーグ優勝決定戦(ALCS)第7戦で勝利した後にパペルボンがこの曲を流しながら独特の踊りを披露したことで有名になった。またNFLニューイングランド・ペイトリオッツが2007年12月29日に16戦全勝のリーグ史上初の偉業を達成した際にもこの曲がテレビ放送で流され、ボストン市民にとっては勝利の凱歌となっている。
アルバム『Sing Loud! Sing Proud!』に収録された曲、「For Boston」は、ボストンカレッジの応援歌のカバー曲だが、アルバム発売からほどなくして千葉ロッテマリーンズの応援団により、デリック・メイ、マット・フランコの応援歌や、高校野球の応援歌でも使用されるようになった。

メンバー
マーク・オーレル(Mark Orrell)(G,Accordion)
ティム・ブレナン(Tim Brennan)(Accordion,Mandolin,Whistles)
ジェームズ・リンチ(James Lynch)(G)
アル・バー(Al Barr)(Vo)
ケン・キャシー(Ken Casey)(B,Vo)
マット・ケリー(Matt Kelly)(Dr)
スクラフィ・ウォレス(Scruffy Wallace)(Bagpipes)

脱退したメンバー
マイク・マコーガン(Mike McCorgan)(Vo)
リック・バートン(Rick Barton)(G)
スパイシー・マクハギス(Spicy McHaggis)(Bagpipes)
ライアン・フォルツ(Ryan Foltz)(Mandolin,Whistles)
ジェフ・エルナ(Jeff Erna)(Dr)

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー