Every Little Thing

ジャンル:
Every Little Thing プロフィール画像

Every Little Thingのバイオグラフィー

Every Little Thing(エヴリ・リトル・シング)、通称ELT(イー・エル・ティー)は、1996年8月にデビューした日本の音楽グループである。エイベックス所属。

1996年にヴォーカル担当の持田香織、ギター担当の伊藤一朗、リーダー・サウンドプロデュース・キーボード・作詞・作曲・編曲担当の五十嵐充の3人で、シングル「Feel My Heart」でavex traxからCDデビューした。3rdシングル「Dear my friend」がブレイクのきっかけとなり、1stアルバム「everlasting」は200万枚近いセールスを記録。8thシングル「Time goes by」はシングルでは初のミリオンセールスを記録、2ndアルバム「Time to Destination」は350万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。

2000年3月、楽曲制作を一手に引き受けていた五十嵐充が脱退し、Every Little Thingは持田と伊藤の2人体制となった。その後の楽曲では、作詞はすべて持田が担当し、作曲は作曲家の提供を受けつつ、持田・伊藤の2人も作曲を手がける、というスタイルになっている。また、サウンドも五十嵐が引き受けていた頃はシンセサイザーを多用したデジタルサウンドであったが、近年はアコースティックなサウンドの楽曲が多くなった。2人体制になった後も「fragile」「UNSPEAKABLE」「恋文」などのヒット曲を生み出している。

メンバー
持田香織(もちだ かおり、1978年3月24日 - )
伊藤一朗(いとう いちろう、1967年11月10日 - )

サポートメンバー
ベース - 笠原直樹
キーボード - 林真史、中村康就
ドラムス - 山口鷹