Fennesz

ジャンル:オルタナティブ
Fennesz プロフィール画像

FenneszのiTunes Store人気曲

Fenneszのバイオグラフィー

クリスチャン・フェネス(Christian Fennesz、1962年12月25日 - )は、オーストリアのギタリスト。フェネス(Fennesz)名義でも活動しており、エレクトロニカの楽曲などに多く参加している。坂本龍一とコラボレーションした作品などもある。

オーストリアに生まれ、美術学校で音楽を勉強した。ギターは8,9歳のころから始めた[1]。1980年代には、ソニック・ユースやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインに近い音楽性のバンドを組んでいたが、そのバンドに馴染めず脱退した。

その後1990年代前半に、ウィーンのテクノシーンに参加し、ギターやシンセサイザーによるサウンドを中心とした音楽を作り始めた。1990年代には、日本のアーティスト坂本龍一や、イギリスのエレクトロ・アコースティック・インプロビゼーションのアーティスト、キース・ロウなどと共演した。フェネスはまたピーター・レーバーグとジム・オルークとのトリオ、フェノバーグ(Fenn O'Berg)を結成したり、デヴィッド・シルヴィアンと共作するなどしている。また編曲やリミックス作品も多く、ウルヴェルのアルバム「1993-2003: First Decade in the Machines」や「Shadows of the Sun」のリミックスなどを手がけている。