Fountains Of Wayne

ジャンル:オルタナティブ
Fountains Of Wayne プロフィール画像

Fountains Of WayneのiTunes Store人気曲

Fountains Of Wayneのバイオグラフィー

ファウンテインズ・オブ・ウェイン (Fountains Of Wayne) は、アメリカのロック・バンド。 ジャンルはパワー・ポップにカテゴライズされる。

メンバー
* クリス・コリングウッド(ボーカル、ギター)
* アダム・シュレシンジャー(ベース)
* ジョディ・ポーター(ギター)
* ブライアン・ヤング(ドラム)

学生時代の、ルームメイトであったであったアダムとクリスの2人を中心に、1996年にバンドを結成。 2人が知り合ったきっかけは、アダムが当時R.E.M.の曲を弾いていたところ、あまりのコードの違いぶりにクリスが 正しいコードを教えてあげたことに始まる。 バンド名の由来は、メンバーのアダムが隣に住むウェイン家の噴水(ファウンテン)からインスピレーションをうけたことによるもの。

同年、アルバム『ファウンテインズ・オブ・ウェイン(Fountains of Wayne)』でデビューする。その音楽性がウィーザーと比較されるなど、欧米でスマッシュ・ヒットを記録。 レコーディングは2人だけで行われたものの、アルバムのヒットを受けて当時の所属レーベルが2人にツアーをさせるためにブライアンとジョディをサポートに加え、そのまま正式なメンバーとなる。

1999年に2ndアルバム『ユートピア・パークウェイ(Utopia Parkway)』を、2003年には3rdアルバム『ウェルカム・インターステイト・マネージャーズ(Welcome Interstate Managers)』をリリース。このアルバムから収録曲の「ステイシーズ・マム」が全米9位、また「メキシカン・ワイン」も大ヒットし、デビュー7年目にして、グラミー賞の『ベスト・ニュー・アーティスト[最優秀新人]』部門へノミネートされるなど、各方面で絶賛された。

その後2005年にレア・トラック集『アウト-オブ-ステイト・プレイツ(Out Of State Plates)』をリリース。 そして2007年、4作目『トラフィック・アンド・ウェザー(Traffic and Weather)』を発表。この際、フジロック・フェスティバルには3日目レッド・マーキーのトリとして参加した。

来日は上記を始め、フジロック2回、サマーソニック1回、単独が3回(うち1回は親交のあるアジアン・カンフー・ジェネレーションにサポートを依頼され来日した2006年12月公演を含む。このとき体調不良を起こしていたクリスはサポートライブの2日目をキャンセルしたものの、代官山ユニットでのワンマンライブは決行。手が震える中でライブを行った。

メンバーのアダムは、本バンドの他にもアイヴィーとティンテッド・ウィンドウズの2つのバンドにも参加している。また、「スクラッチー・レコード」というレコードレーベルとストラトスフィア・サウンドというレコーディングスタジオを所有しており、プロデューサーとしても活躍している。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー