Her Space Holiday

ジャンル:オルタナティブ
Her Space Holiday プロフィール画像

Her Space HolidayのiTunes Store人気曲

Her Space Holidayのバイオグラフィー

サンフランシスコのハードコア・バンドで活動していたマーク・ビアンキが、1996年からスタートさせたソロ・ユニット。2000年にNYのレーベル、タイガー・スタイルと契約、3rdアルバム『Home Is Where You Hang Yourself』をリリース。同時にUKのウィチタとも契約し、イギリス、ヨーロッパにも進出する。2001年、4thアルバム『Manic Expressive』をリリース。彼の最大の特徴である夢見心地なメロディーはそのままに、オーケストレーションやエレクトロニカ・テイストを大胆に導入したサウンドは、ベッドルームを抜け出し、レディオヘッドやビョークにも通じる壮大な世界観を確立した。2003年、マークはテキサスのオースティンに引っ越すとともに、アンダーグラウンド・ヒップホップ界の名門レーベルであるマッシュに移籍し、5thアルバム『The Young Machines』をリリース。そのサウンド・プロダクションの妙はさらに飛躍を遂げ、彼の唄心はゆったりとしたエレクトロニカ~ヒップホップ的グルーヴを身に纏った。2004年1月、この傑作が日本でリリースされるや、外資系ショップを中心に話題となり、タワーレコード渋谷の週間総合チャートにもランクイン、CRJ-TOKYOのチャートでは堂々1位を獲得、MTV JAPANではパワープレイとなる。そして注目が高まる中、2004年6月、遂に待望の初来日公演が実現、大好評を博す。またステレオラブやスーパー・ファーリー・アニマルズが参加したリミックス・アルバムもリリースされ、その世界はさらなる広がりを見せた。元々、確かなソングライティングでポップ・ファンにはよく知られた存在だったが、エレクトロニカやヒップホップの要素を獲得したことで、その音楽はジャンルを超えて幅広い層にアピールできることが証明された。2005年再びサンフランシスコに戻って制作されたニュー・アルバム『THE PAST PRESENTS THE FUTURE』は、これまで以上に洗練されたポップなメロディーが、これまで以上にグルーヴ感の増したビートに乗り、唄、リズム、サウンドが一体となってインティメイトな世界を生み出すキャリア最高傑作に。同年には、ブライト・アイズ(以前、スプリットで共演経験あり)、フェイントとのツアーを敢行、キッド606やブーム・ビップらのリミックスを手がけている。また、『THE YOUNG MACHINES』に収録されUKではシングル・カットもされた“MY GIRLFRIEND'S BOYFRIEND”が、ポーランドのアイドルMONIKA BRODKAにカヴァーされ、ゴールドディスクを獲得。その楽曲のクオリティの高さを世界に知らしめた。さらにはサマー・ソニック05にも出演を果たし、10月に行われたアメリカン・アナログ・セットとのカップリング・ツアーも大成功に終わる。2006年には、元YMOの高橋幸宏のソロ・アルバムに作詞とヴォーカルで参加したのみならず、合同ツアーも行う。その合間を縫うように、ジョゼフ・ナッシングとピアナとのコラボ・ユニットであるザ・ハートブレイク・モーメントのEPや、イラストレーターpcpとのコラボレーションである絵本CD『THE TELESCOPE』をリリースするなど、精力的に活動。現在は、別ユニットxoxo, pandaのアルバムを制作中。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー