Kaiser Chiefs

ジャンル:ロック
Kaiser Chiefs プロフィール画像

Kaiser ChiefsのiTunes Store人気曲

Kaiser Chiefsのバイオグラフィー

カイザー・チーフス (Kaiser Chiefs) は、イギリスのリーズ出身のロックバンドである。

《概要》
1990年代前半のブリットポップ、特に初期ブラーやスーパーグラス、パルプなどからの影響を強く感じさせるポップでキャッチーな曲調が特徴。イギリス国民特有の皮肉っぽさにユーモアを交えた歌詞を英国調ポップで鳴らす彼らは、UKシーンにおける正統派バンドとして人気を獲得している。
長い下積みを経て遅咲きの成功を果たし、2005年のUKシーンにおける新人レースの先陣を切った。
バンド名「カイザー・チーフス」の由来は、彼らが応援する地元リーズのサッカークラブ、リーズ・ユナイテッドの主力DFで、2002年日韓Wカップ南アフリカ代表のルーカス・ラデベ選手が以前所属していた南アフリカの強豪「カイザー・チーフス」からきている。

《メンバー》
・リッキー・ウィルソン(Ricky Wilson) - ヴォーカル、ドラム
・アンドリュー・ホワイト(Andrew White) - ギター、ヴォーカル、アコースティックギター
・サイモン・リックス(Simon Rix) - ベース、ギター
・ニック・“ピーナッツ”・ベインズ(Nick 'Peanut' Baines) - キーボード、ギター
・ニック・ホジソン(Nick Hodgson) - ドラム、ヴォーカル、コーラス、ギター、ピアノ、ベース、フルート、メインコンポーサー

《来歴》
中学校以来の仲間であったニックとピ-ナッツとサイモンに、リーズのクラブで知り合ったリッキーとアンドリューが加わって、1997年にラストン・パーヴァというバンドを結成して活動を開始した。しかしレコード契約を獲得するには至らず、ピ-ナッツとサイモンが学業から戻ってきたところでバンド名をパーヴァと変更して出直しを図る。パーヴァはベガーズ・バンケット傘下のマントラ・レコーディングスと契約を果たし、2001年から2003年にかけてシングル3枚とアルバム1枚をリリースした。このころは当時流行していたガレージロックバンドであった。しかし全く注目されないままレーベル閉鎖による契約解消という憂き目に遭ってしまう。
その後、彼らはそれまでの楽曲を全て廃し、一からの曲作りを始め、周囲のバンドとは違ったスタイルの確立に専念した。
そしてバンド名をカイザー・チーフスに改名して再デビュー。2004年5月、インディー・レーベルからシングル「オー・マイ・ゴッド」を発表。これが話題を呼び、続く2枚目のシングル「ライオット」がヒット、一躍期待の新人として注目されるようになる。
2005年3月、ファーストアルバム「エンプロイメント」をリリース。アルバム収録の5枚のシングルの立て続けヒットなどにより、アルバムは全英ヒットチャートで2位を獲得。全英で200万枚を超えるセールスを記録し、アメリカでも評判となった。同年、イギリス最大の音楽賞であるブリット・アウォーズで最多3部門を受賞したのをはじめ、各音楽誌上からも賞賛をうけ、一気にブレイクを果たした。また、同じ年に初来日し、フジ・ロック・フェスティバルに出演した。
2007年2月には、セカンドアルバム「アングリー・モブ~怒れる群集」を発表。前作の完全な続編として歌詞が統一された内容で、初登場全英1位を獲得。その人気を不動のものとした。さらに同年のフジ・ロック・フェスティバルにも参加。演奏中にステージから突然降り、近くの出店からスポーツドリンクを買ってきてステージに戻るという茶目っ気をみせるなど、グリーンステージを縦横無尽に駆け回るエネルギッシュなパフォーマンスを披露し会場を大いに沸かせた。

《ディスコグラフィー》
2005 『エンプロイメント』 Employment
2007 『アングリー・モブ~怒れる群集』 Yours Truly, Angry Mob
2008 『オフ・ウィズ・ゼア・ヘッズ』 Off With Their Heads

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー