Kenichiro Nishihara

ジャンル:
Kenichiro Nishihara プロフィール画像

Kenichiro Nishiharaのバイオグラフィー

Kenichiro Nishihara 西原 健一郎


作曲家・選曲家・プロデューサー
音楽レーベル・プロダクション “UNPRIVATE ACOUSTICS” 代表
 
1996年よりファッションを中心に幅広い分野の音楽で選曲・作曲・プロデュースを手掛け、
2008年には1stアルバム 「Humming Jazz」、 2010年には2ndアルバム 「LIFE」 を発表。
Folkloveシリーズや企業ブランドとのタイアップ企画、
またコンピレーションへの楽曲提供やアーティストのプロデュースなど多岐にわたる作品・プロジェクトで
手腕を振るっている。
 
ダンスミュージックを基調とし、心地よさを追求したジャジーでスムースなサウンド、
ピアノをフィーチャーしたメロディーセンスは日本国内のみならず世界的に強く支持され、多くの作品が
ヒットチャートをにぎわせている。2012年には新プロジェクト” ESNO “をスタートさせるなど、
ジャンルにとらわれない新たな音楽の可能性を追求している。
2012年9月 最新作 ESNOの1stアルバム「Visionary」 を発表した。
 
Composer / Arranger / Producer
Representative, Music Level Production “UNPRIVATE ACOUSTICS”
 
Since 1996, he has arranged, composed and produced music in a wide range of genres, centering on fashion.
In 2008, he released his first album, “Humming Jazz,” and in 2010 his second, “LIFE.”
He has collaborated with the Folklove series and corporate brands, as well as shown his capabilities
in a wide range of productions and projects, including producing compilations of musical pieces and artists.
 
Based on dance music, his smooth, jazzy sounds of comfort and sense of melody
featuring the piano have been a strong influence not only in Japan,
but all around the world, with many of his works succeeding on the hit charts.
With the start of his new project, “ESNO,” in 2012,
he is in pursuit of the potentials in new music that cannot be defined by genre.
His first ESNO album, “Visionary,” was released in September 2012.