Kool & The Gang

ジャンル:
Kool & The Gang プロフィール画像

Kool & The Gangのバイオグラフィー

クール・アンド・ザ・ギャング(Kool & the Gang)は、アメリカのソウル/R&B・ファンクのバンド。

1964年、ニュージャージー州にて、ベースのロバート"クール"・ベル、キーボードのロナルド・ベルの兄弟を中心に結成。1969年デビュー。結成当初はリード・ヴォーカルはおらず、ジャズ・ファンクを中心とした曲を演奏していた。デビュー後しばらくは人気に恵まれなかったが1973年「Funky Stuff」(Billboard誌最高29位、以下Billboad誌のチャート)が初のTop50入りを果たしブレイク。1974年、「Jungle Boogie」を発表、22週に渡りチャート圏内に入っており最高4位まであがり初のTOP10に入ると「Hollywood Swinging」(最高6位)と大ヒット。これを皮切りに一躍人気ファンクバンドとなってくる。その後しばらく伸び悩んだが1979年にJTテイラーが加入、1980年「Ladies Night」(最高8位)でBlack Singles3週連続1位を獲得、「Too Hot」(最高5位)と大ヒットし、彼らは不動の黄金時代を迎える。

1980年暮れに彼ら最大のヒットとなる「Celebration」(2週連続1位/年間総合6位)を発表。翌年Black Singlesでは6週連続1位を獲得する。この曲はお祝いの場面ではアメリカではよく流れており、1982年のワールドシリーズのテーマソングや2006年のワールド・ベースボール・クラシックの日本の優勝決定時にも球場内で流れている。その後1981年から1982年にかけ「Take My Heart (You Can Have It If You Want It)」が(最高17位)、「Get Down On It」(最高10位)、「Big Fun」(最高21位)と大ヒットを連発した。 1983年では、第二のヒットともいえる「Joanna」(最高2位)を発表。1984年は「Misled」(最高10位)、「Tonight」(最高13位)。1985年には「Cherish」(最高2位)、「Fresh」(最高9位)がR&B部門でいずれも1位を獲得。 1986,87年には「Victory」(最高10位)、「Stone Love」(最高10位)がR&B部門でトップ10入りに輝いて大ヒットしたが、1988年にJTテイラーが脱退し、その後は衰退が否めず1990年代には完全に一時期の輝きは失っていた。結果的にJTテイラーの脱退はグループと彼の衰退を助長させてしまった。

結局、TOP10入り12曲を誇るグループもこうして黄金期を終えたのである。