Kylie Minogue

ジャンル:
Kylie Minogue プロフィール画像

Kylie Minogueのバイオグラフィー

カイリー・アン・ミノーグ(Kylie Ann Minogue,カイリー・ミノーグ, 1968年5月28日 - )は、オーストラリア・ビクトリア州メルボルン生まれの歌手及び女優である。2007年現在はイギリスに住所を移し、同国を主な活動拠点としている。 妹のダニー・ミノーグ(Dannii Minogue)もポップ歌手である。

1986年から、『ネイバーズ』にシャーリーンの役で出演していた事で一躍有名になる。1987年7月、オーストラリアのマッシュルームレコードから、リトル・エヴァ(Little Eva)のカヴァー曲「ロコ・モーション(Locomotion)」でデビューした。カイリーのカヴァー曲は、ビルボード(Billboard)誌で、1988年11月12日に、週間ランキング最高位の第3位を獲得した。ビルボード誌1988年年間ランキングは第51位だった。ビルボード誌の集計では、カイリー・ミノーグ最大のヒット曲となった。

1988年1月、イギリスとオーストラリアで、セカンドシングル「ラッキー・ラヴ(I Should Be So Lucky)」を発売した。「ラッキー・ラヴ」は、イギリスの「ユーロビート」のヒットメーカーチームであるストック・エイトキン・ウォーターマン(Stock-Aitken-Waterman)のプロデュースだった 。同年6月、3rdシングル「ガット・トゥ・ビー・サートゥン(Got To Be Certain)」がイギリスで発表された。同年10月、イギリスで、4thシングル「涙色の雨(ジュ・ヌ・セ・パ・プークワ)(Je ne sais pas pourquoi)」を発売した。また同年、日本で、ヘイゼル・ディーン(Hazell Dean)のカヴァー曲「愛が止まらない(TURN IT INTO LOVE)」を発売した。1990年代以降、アイドル路線から歌唱力に比重を置いたプロモーションに変更したが、人気は逆に低迷してしまう。

2000年にアルバム『ライト・イヤーズ』(Light Years) を発表。カイリーの歌唱力と大人の魅力を余すところなく表現した "Spinning Around", "On a Night Like This" などがヒットして人気が復活する契機となった。1990年代はピンナップガールのような露出の仕方で知名度を保っていたが、この作品群をきっかけに音楽活動の主体となっていたイギリス内でセックスシンボルの地位を確立する。その後、追い風に乗ったカイリーは2001年にアルバム『フィーバー』(Fever) を発表。"Can't Get You Out of My Head" の大ヒットによりデビュー直後を上回る世界的な人気を獲得する。2000年以降はツアーを精力的にこなし、その歌唱力と美術センスのコラボレーションが評価された。同時にコンサートでのカイリーの「腰振り」にも話題が集まるようになった。

2005年3月から「ショーガール:ザ・グレイテスト・ヒッツ・ツアー」を開始したものの、2005年5月には乳癌が発覚し、地元メルボルンでの闘病生活を強いられた。しかし早期発見が幸いした結果、僅か半月ほどで治療に成功した。退院後はガンとの闘病生活を送る子供たちを見舞うために病院を訪れるなどの活動を行った。術後の体調は良好である。2006年11月、シドニーを皮切りに「ショーガール:ホームカミング・ツアー」とタイトルを変更してツアー再開。2007年1月23日に終了。全公演完全ソールドアウト。2007年11月に、カイリーの10枚目のアルバムとなる『X』発売。

2007年12月に、イギリスのエリザベス2世女王より、大英帝国勲章(OBE)を授与される。2007年12月に10年ぶりの来日、アルバム、香水のプロモーション、日本テレビ系『Music Lovers』にゲストライブ、番組内で"Can't Get You Out of My Head"、"I Should Be So Lucky"、"2 Hearts"を熱唱する(2008年1月20日。カイリー自身がテレビメディアを通して、日本でツアーをしたいとコメントしていた。)

2008年2月に、2ndシングル「WOW」が発売、2008年2月にEURO ONLY シングル「In My Arms」を発売。『SMAP×SMAP』にゲスト出演。2008年4月に、アメリカでアルバム『X』が発売。2008年3月に、USA ONLY シングル「All I See」を発売。

2008年5月~ 「KYLIEX2008」ツアー開始予定。