Letting Up Despite Great Faults

ジャンル:エレクトロニック
Letting Up Despite Great Faults プロフィール画像

Letting Up Despite Great FaultsのiTunes Store人気曲

Letting Up Despite Great Faultsのバイオグラフィー

ロサンジェルス出身、地元を中心にゆっくりと活動を進める。2006年には自身のレーベルNew Wordsから7曲入りEP『Movement』をリリースし、次第にライヴ活動も活発となる。バンドが一躍脚光を浴びたのが、2009年10月に、同じく自身のレーベルNew Wordsからリリースした、セルフ・タイトルとなるアルバムで、エレクトロ・シューゲイズとバンド・サウンドを見事に融合し、チープさとハードなダイナミズムの絶妙なバランス感覚と、何よりもそのポップなメロディー・センスで、Pitchfork、Rolling Stoneなどで大絶賛を浴びた。日本国内でも、Amazonで在庫切れ状態、専門店で多少流通している程度という悪条件の中、インディー・ポップ・マニアに大絶賛を浴び、ブログなどで話題沸騰となっている。