London Elektricity

ジャンル:ダンス
London Elektricity プロフィール画像

London ElektricityのiTunes Store人気曲

London Elektricityのバイオグラフィー

London Elektricityは、イギリス・ロンドンを拠点に活動している音楽集団である。
ジャズ、ファンク、ソウル・ミュージック、ブレイクビーツなどの幅広い音楽を取り入れているが、特にドラムンベースの先駆け的な存在として知られている。
London ElektricityはTony CalmanとChris Gossの二人からはじまった。TonyとGossの二人はLondon Elektricityが所属するHospital Recordsというレーベルの創立者でもある。

* 1999年、Hospital Recordsからデビューアルバムの「Pull the Plug」が発売。ダブル・ベース、エレキ・ギター、ブラス・セクション、フルート、弦楽器などの生音が使用され、ジャズシンガーのシアン・キャロルが2曲でボーカルを務めている。本質的にはスタジオワークであり、トニー・コールマンとクリス・ゴスの共同制作である。
* 2002年、ゴスがHospital Recordsの経営に集中するためにグループを離脱し、コールマンのソロプロジェクトに変化した。
* 2003年、2作目の「Billion Dollar Gravy」が発売された。アルバム製作過程で関わった「アンディ・ウォーターワース」、「ランドスライド」、「MC ウレック」、「ジャングル・ドラマー」、「リアン・キャロル」、「ロバート・オーウェンズ」などのセッション・ミュージシャンを巻き込んでバンド形態でライブを行った。
* 2004年、「Live Gravy」というタイトルでライブDVDをリリース。
* 2005年、ライブに関わったアーティストと一緒に作った3作目の「Medical History」が発売。レーベルのポッドキャストが開始され、Hospital Recordと契約したLogisticsなどの特別ゲストも巻き込んで行われている。
* 2008年、4作目の「Syncopated City」をリリース。
* 2011年、「Yikes!」をリリース。Japanese EdtionではVocaloidの初音ミクをft.した曲やAMWEのft.楽曲、TeddyLoidによるリミックスがBonus Tracksとして収録されている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー