Knee Deep In The Beats (Pt.1)

アーティスト:London Funk Allstars

収録アルバム : Flesh Eating Disco Zombies versus The Bionic Hookers From Mars
ジャンル:エレクトロニカ
試聴 iTunesStoreでダウンロード
Flesh Eating Disco Zombies versus The Bionic Hookers From Mars ジャケット写真

Knee Deep In The Beats (Pt.1)/London Funk Allstarsのレビュー

  • このアルバムは日本盤出たからそっち買った気がする

    投稿者 : winning_s

Knee Deep In The Beats (Pt.1)/London Funk AllstarsのYouTube動画(フルPV・MV・ライブ映像)

まだ投稿がありません

Knee Deep In The Beats (Pt.1)/London Funk Allstarsの情報

London Funk AllstarsのKnee Deep In The Beats (Pt.1)は『Flesh Eating Disco Zombies versus The Bionic Hookers From Mars』というアルバムに収録されており、ジャンルはエレクトロニカに分類されます。
『Flesh Eating Disco Zombies versus The Bionic Hookers From Mars』は全15曲入りのアルバムで、iTunesミュージックストアで1996/08/01より配信されており、1500円でダウンロードする事ができます。
Knee Deep In The Beats (Pt.1)はその8曲目に収録されている曲で、同じくiTunesミュージックストアで150円でダウンロードできます。
Knee Deep In The Beats (Pt.1)の曲の長さは4分28秒で、標準的な長さの曲となっています。
iTunesミュージックストアでは、37曲のLondon Funk Allstarsの曲がダウンロードできますが、すこし少ないのが残念です。
London Funk Allstarsの曲では、Listen to the BeatChun Li vs. Wah Wah ManSure Shot、などが特に人気があり、おすすめなのでぜひ聴いてみてください!
ミュージックダイアリーでは30秒の無料試聴の他、Youtube上のフルPV、ミュージックビデオ(MV)などの動画試聴、歌詞検索ができるので、Knee Deep In The Beats (Pt.1)の他のLondon Funk Allstarsの曲も探してみてください。

Knee Deep In The Beats (Pt.1)/London Funk Allstarsを投稿している人は他にこんな曲も投稿しています

  • My Warジャケット画像

    Beat My Head Against the Wall/Black Flag

    試聴

    最初はこのアメコミジャケが好きで買ってました この曲は比較的緩急がついてるほうですが 他にはドロドログダグダした感じの曲も多く 閉塞感感じるけどアメリカ人なのに悩んでるの? と思ってよく聴くと悩んでるようです 優柔不断さとかメイン…

    投稿者 : winning_s
  • The First of Too Manyジャケット画像

    Fishing At Tescos/Senseless Things

    試聴

    当時MegaCityFourとかNed'sAtomicDustbinとかと同時期に出てきたと思った なんとなくこのへんのVoが甘め、ジャケが洋コミ系のはそれだけで多少ナメられてたような気がする 今聴くと案外面白い

    投稿者 : winning_s
  • BEAUTIFUL TOMORROWジャケット画像

    大人の責任 Feat. CRAZY KEN, 宇多丸, K ダブシャイン/Mr.BEATS a.K.A DJ CELORY

    試聴

    ようつべはこれ http://www.youtube.com/watch?v=4lDIP47Gmtc 歌える人をサビに持ってくる手法、最近減ったような気がする

    投稿者 : winning_s
  • GO! GO! GIRLS! ~happy songs selection~ジャケット画像

    La Decisione/VIP 200

    試聴

    物凄く微妙な女声 エスカレーター・ミュージックのような脱力感

    投稿者 : winning_s
  • Twosomenessジャケット画像

    Þerney (One Thing)/Pascal Pinon

    試聴

    アイスランドの双子 元気で踊れる女の子だけがそこらじゅうにいる状況はどうにかならないか

    投稿者 : winning_s

Knee Deep In The Beats (Pt.1)/London Funk Allstarsと同じジャンルの曲

London Funk Allstarsと同じジャンルのアーティスト

  • Alva Noto & Ryuichi Sakamoto アーティスト写真

    Alva Noto & Ryuichi Sakamoto

    日本の音楽家坂本龍一と、ドイツの電子音楽家アルヴァ・ノト(カールステン・ニコライ)によるコラボレーションプロジェクトは、2002年にリリースされた『vrioon』からスタート。2005年の『insen』と『revep』、2007年の『utp_』、そして2011年の『summvs』をもってシリーズに幕を下ろす。 アルヴァ・ノトが最初の日本ツアーで来日した折に坂本龍一と出会い、その後音を交換しつつ完成を見ている。坂本龍一のピアノに、アルヴァ・ノトのエレクトロニックな音響が重なっ…

  • Matmos アーティスト写真

    Matmos

    Matmos(マトモス)はサンフランシスコのエレクトロニカ・デュオ。 1995年にM.C. SchmidtとDrew Danielにより結成。メインメンバーはこの二人だが、ライブパフォーマンスでは他のミュージシャンも加わることがある。 リリースは1997年にプライベートレーベルから発売したアルバム"Marmos"が初。1998年にはBjorkの"Alarm Call"のリミックスを手がけた。その後もBjorkとは彼女のアルバム&qu…

  • Sylvain Chauveau アーティスト写真

    Sylvain Chauveau

    シルヴァン・ショヴォは、1971年フランス生まれのミュージシャン。 90年代から本格的に音楽活動を始め、2000年頃からフランス期待のミュージシャンとして頭角を現す。 これまでTypeやFatCatといったレーベルから、ソロ作品9枚をリリース、世界中でライヴを行うとともに、映画やダンス作品にも楽曲を提供してきた。 ピアノ、ギタ−、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、電子音などを自在に用いて繊細に音楽を表現し、近年では自らボーカルを務める。 またSylvain Chauv…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。 歌詞のひらがなの読みがなを表示させるならこちらのサイト、洋楽の歌詞の和訳を検索するならこちらのサイトがおすすめです!

楽譜・ギターコード譜

プリント楽譜なら一曲単位で楽譜、ギターコード譜がダウンロードできるの便利です!
London Funk Allstarsの楽譜・ギターコード譜を探す

London Funk Allstarsのおすすめ曲