Lullatone

ジャンル:
Lullatone プロフィール画像

Lullatoneのバイオグラフィー

Lullatone(ララトーン)とは、名古屋市に拠点を持つバンドである。ショーン・ジェームス・シーモア (Shawn James Seymou)と、その妻である冨田 淑美(とみだ よしみ)の二人組で、おもちゃや鍵盤ハーモニカ、バスタブなど、様々な楽器を使った演奏で有名である。ジャンルは、エレクトロニカ、インディ・ポップに属す。

Lullatone は、ケンタッキー州ルイビル生まれのショーン・ジェームス・シーモアとその妻の冨田淑美によるユニット。シーモアは、彼が高校生のときにキーボードとカセットテープレコーダーを使った楽曲の創作をはじめた。1990年代の終りのことである。シーモアと冨田が出会ったのは、ルイビルにあるベラミン大学で、冨田は日本からの交換留学生であった。二人はすぐに恋人同士の関係となったが、冨田の旅券の期限が切れたために、シーモアは冨田とともに日本に渡ることを決断した。日本での生活でふたりは小さなアパートの一室に住み、シーモアは、冨田が寝ている間に、楽曲の制作を続けた。冨田に迷惑をかけないためである。シーモアが主につくったのは、子守唄(ララバイ)であった。これらの曲は、レイモンド・スコットの1963年のレコードであるSoothing Sounds for Babyの影響を受けているが、これが「Lullatone」のはじまりだった。シーモアと冨田は2005年に結婚し、シーモアは中学校の教師をしつつ音楽活動を続けている。

2003年のアルバム、Computer Recital は、彼らがはじめて録音したアルバム作品で、シーモアが演奏する安いサンプリングキーボードであるカシオのCasiotone SK-1 も使ったグロッケンシュピールや鍵盤ハーモニカ、リコーダーやその他さまざまな単純で小さな楽器の音色と、冨田のヴォーカルからなっていた。このアルバムは、Audio Dregs から発売され、すぐに喝采の声とともに迎えられた。また、音楽雑誌や、例えばPitchfork Mediaのような、力をもった独立した批評サイトからも、相当な注目をあつめ、批評をうけた。その後、My Petit Melodiesを日本のレーベルの Childisc から出し、2004年には、Little Songs about Raindrops を、2006年にPlays Pajama Pop Pour Vous、2007年には初のアメリカ合衆国ツアーを記念したTour EP を、2008年はオーストラリア、Room40 傘下のレーベル、Someone good からThe Bedtime Beat を送り出した。

* ショーン・ジェームス・シーモア - キーボード、パーカッション、ボーカル、その他様々な楽器
* 冨田淑美 - ボーカル、パーカッション、その他様々な楽器