MO'SOME TONEBENDER

ジャンル:
MO'SOME TONEBENDER プロフィール画像

MO'SOME TONEBENDERのバイオグラフィー

MO'SOME TONEBENDER(モーサム・トーンベンダー)は、男性3人によって構成される日本のロックバンド。1997年に福岡県にて結成。主に俗称として『モーサム』などが用いられる。高いテンションで行われるライブが特徴。

概要
メンバーは百々和宏、武井靖典、藤田勇の3人。楽曲制作における役割は、主に百々が作詞を行い、作曲は百々と藤田が楽曲によって交互に担当する。また、編曲はメンバー全員が施す。
『MO'SOME TONEBENDER』というバンド名は、百々(モー)と藤田勇(サム)の名前を合わせて友人が名づけた。後に百々が『TONEBENDER』を語尾に付加し完成されたもの。
1997年に福岡県にて結成。インディーズにて作品を幾つかリリースしたのち、2001年にユニバーサル・ミュージック内のレーベルであるユニバーサルシグマよりアルバム『HELLO!』にてメジャー・デビュー。2004年に所属レコード会社をコロムビアミュージックエンタテインメント内のレーベルであるトライアドに移し活動をしている。

メンバー
百々和宏(もも かずひろ)
ボーカル、ギター担当。また、ほとんどの曲の作詞をしている。
フェンダー・ムスタングを使用。
2007年07月04日に音楽と人誌に連載していた同名コラムをまとめた単行本、泥酔ジャーナルを出版。
武井靖典(たけい やすのり)
ベース担当。
ライブの際は民族服のような着物やElvis Presley 風スタイル、レイザーラモンHGのような黒光りする短パンなど奇抜なファッションで登場する。
藤田勇(ふじた いさむ)
ドラムス担当。
アルバム「C.O.W」は、彼が全ての曲の作曲を担当した。