MONKEY MAJIK

ジャンル:
MONKEY MAJIK プロフィール画像

MONKEY MAJIKのバイオグラフィー

MONKEY MAJIK(モンキー マジック)は、日本のポップ・ロックバンド。通称「モマジ」「もまじ」「モンマジ」「モンキー」。

メンバー

* Maynard Plant(メイナード・プラント):Vo.&G.
* Blaise Plant(ブレイズ・プラント):Vo.&G.
* tax(菊池拓哉):Dr.
* DICK:Ba.

カナダ人のネイティブ英語と日本語が織りなす歌詞、そしてメロディーが話題を呼んでいる。ツイン・ボーカル、ツイン・ギターという編成も特徴的。テレビ、CM、映画などでのタイアップが目立つ。SMAPの42枚目のシングル「そのまま」を手がけたことで話題を呼ぶ。

カナダ人兄弟と日本人2人の混成バンドであるため、「ハイブリッド・バンド」と称されることもある。日加国交樹立80周年記念親善大使。メンバー全員が現在も宮城県仙台市在住。

マネージメントはエドワードリミテッドに所属。レーベルについては、スタジオ収録音源はインディーズ時代がUNDER HORSE RECORDS、メジャー・デビュー後がbinyl records(avex内レーベル)、ライブ収録音源はインディーズ・メジャー通じてUNDER HORSE RECORDS。

バンド名

バンド名は、青森県でアマチュアバンドを結成した際、当時のドラマー(イギリス人)が2000年に名付けた。彼は幼少期に、イギリス国内で放送されていた「西遊記シリーズ」(日本テレビ。イギリス国内では「Monkey!」というタイトル)を見て大ファンとなっていたため、同ドラマの主題歌であるゴダイゴの「Monkey Magic」に因んで、バンド名を「MONKEY MAJIK」にした("majik" は "magic" の変綴り)。

この縁故なのか、2006年放送の「西遊記」の主題歌に、2ndシングル「Around The World」が使用された。この曲の全国的なヒットによって一躍有名になった。また、MONKEY MAJIKのメンバーはのちに仙台に移住し、仙台を拠点として活動するが、ゴダイゴのメンバーのスティーブ・フォックスが仙台出身であり、タケカワユキヒデも1998年から仙台の芸術系専門学校で講師をしているなど、不思議な繋がりがある。

ちなみに、バンド名の名付け親であるイギリス人は今でも時々日本に遊びに来ており、その際はメイナードと会っている。メイナードに、「僕が付けたバンド名をまだ使っていてくれて嬉しい。僕の大好きな「西遊記」の主題歌を歌って、すごいし、うらやましい。」と言っていたとのこと。