Magma

ジャンル:ジャズ
Magma プロフィール画像

MagmaのiTunes Store人気曲

Magmaのバイオグラフィー

マグマ (MAGMA) はフランスのプログレッシブロックバンド。クリスチャン・ヴァンデ(Christian Vander) ドラム/ボーカル/ピアノを中心に1969年結成。「宇宙からきたコバイア星人の言語」コバイア語(ヴァンデが創作した言語)によるオペラチックなボーカルと、個性的で強力なリズム隊が特徴。

1967年ジャズサックス奏者ジョン・コルトレーン(John Coltrane)の大ファンだったクリスチャン・ヴァンデは彼の死にショックを受け、イタリア放浪を始める。放浪生活中「啓示を受け」フランスに帰郷、69年MAGMAを結成する。

結成時からのメンバーはクリスチャン・ヴァンデ(ドラム)とクラウス・ブラスキス(ボーカル)の二人のみだが、マグマにはフランスのジャズ・プログレッシブロックシーンを中心にたくさんの人が関わっている。

1stアルバムKobaïa (1970年)、2ndアルバム1001° Centigrades (1971年)ではコバイア語や変拍子を使用したホーンセクション中心のジャズロックをしていたが、彼らのスタジオ盤最高傑作と名高い3rdアルバムMekanik destruktiw kommandoh (通称M.D.K. 1973年)では7人の混声合唱隊を導入し、短い主題の反復発展を繰り返すコーラスとベース、ドラムが絡み合う39分に及ぶ大作を作り上げ、唯一無二のMAGMAの音楽を確立する。

それ以後の活動の中で、音楽シーンから複雑な長尺の楽曲が減っていくにしたがって、ヴァンデの興味もしだいにわかりやすいものに移り、ファンク・ソウル色が強まり、彼自身の歌に重きが置かれ、解散前のアルバムMerci (1985年)では、とうとうコバイア語も影を潜めてしまった。

1996年から活動を再開、精力的にライブを行い、2004年には73年頃数回ライブで演奏されただけの幻の曲を新アルバムとして発表した。


歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー