New Found Glory

ジャンル:
New Found Glory プロフィール画像

New Found Gloryのバイオグラフィー

ニュー・ファウンド・グローリー (New Found Glory) は、アメリカ合衆国フロリダ州コーラルスプリングスで1997年に結成されたポップ・パンクバンド。

1997年にフロリダ州コーラルスプリングスで同じ高校の同級生だったスティーヴ・クライン(G)、ジョー・モレノ(Ds)、ジョーダン・パンディク(Vo)、イアン・グルーシュカ(B)が結成。結成はグリーン・デイに影響されてのものであった。さらにハードコアバンド「Shai Hulud」でボーカルを担当していたチャド・ギルバート(G)が加わる。
結成から5ヶ月でマイアミのインディ・パンク・レーベルFiddler Recordsから『IT'S ALL ABOUT THE GIRLS』を発表。
その後、ジョー・モレノが音楽性の違いから脱退、後任としてサイラス・ブルーキ(Ds)が加入した。
1999年には初のフル・アルバム『NOTHING GOLD CAN STAY』を12曲入りでマイアミのパンク・レーベルEulogy Recordingsからリリース。そのアルバムから「ヒット・オア・ミス」がスマッシュ・ヒットし、ロサンゼルスのレーベルDrive-Thru Recordsと契約を交わす。 2002年6月、メジャー2作目(通算3作目)となるアルバム『スティックス・アンド・ストーンズ』を発表。ビルボード・チャート初登場4位を獲得した。
2003年1月に初来日し、ツアーのチケットはソールド・アウト。さらにサマーソニック03にも再び来日した。以降2007年4月のパンクスプリング、サマーソニック08にも再来日している。
2008年、新たにパンク・ロック・レーベル、エピタフ・レコードに移籍し、2009年2月に移籍第1作目(通算6作目)となるアルバム『ノット・ウィズアウト・ア・ファイト』を発表。日本盤は2週間先行発売である。

メンバー
* ジョーダン・パンディク (Jordan Pundik) - ボーカル
* チャド・ギルバート (Chad Gilbert) - ギター
* スティーヴ・クライン (Steve Klein) - ギター
* イアン・グルーシュカ (Ian Grushka) - ベース
* サイラス・ブルーキ (Cyrus Bolooki) - ドラムス
以前のメンバー
* ジョー・モレノ (Joe Moreno) - ドラムス (1997年)