No Use For A Name

ジャンル:
No Use For A Name プロフィール画像

No Use For A Nameのバイオグラフィー

カリフォルニア州,サンノゼにて結成されたポップ・パンクバンドである。

結成から20年以上が経つベテランバンドだが、アメリカでは未だに熱狂的な人気を誇っており、幅広い年代層から高い支持を受け続けている。


1987年に、カリフォルニア州,サンノゼにて結成。それからまもなく1stEP「Turn It Around」でデビューを飾った。

1989年になると、2ndEP「Let 'Em Out EP」を発表し、翌年には1stアルバム「Incognito」をリリースしている。

そして、1992年発表の2ndアルバム「Don't Miss the Train 」発売後に、老舗パンクレーベルのFat Wreck Chordsと契約を結ぶ。しかしこの頃に、頻繁にメンバーチェンジが行われており、バンド自体も不安定な状態が続いていたという背景もあった。結局、結成時からのオリジナルメンバーとして残ったのは、トニーとローリーだけとなる。

1993年、3rdアルバム「The Daily Grind」を発表。

1995年発表の4thアルバム「Leche Con Carne」発売後に、クリス・シフレットとマット・リドルを迎え入れ、5thアルバム「Making Friends」のレコーディングを開始している。

1999年、6thアルバム「More Betterness!」発表後に、クリス・シフレットがFoo Fightersに加わる為にバンドを脱退。直後に、新ギタリストとしてデイブ・ナシーを迎え入れる。

2002年、7thアルバム「Hard Rock Bottom」を発表。

2005年、8thアルバム「Keep Them Confused」を発表。

2007年、代表曲や未発表曲を収録した、彼らの集大成ともいえるベストアルバム「All the Best Songs」を発表。

2008年、9thアルバム「The Feel Good Record of the Year」を発表。

2009年、デイブ・ナシーがメタルコアバンドのBleeding Throughに加わる為にバンドから脱退。その代わりとしてベテランパンクバンドLagwagonのメンバー、クリス・レスト(Chris Rest)を新たに迎え入れる。