Nobukazu Takemura

ジャンル:
Nobukazu Takemura プロフィール画像

Nobukazu Takemuraのバイオグラフィー

竹村 延和(竹村 ノブカズ、たけむら のぶかず、 1968年8月26日 - )は、大阪府枚方市出身、京都府在住のテクノ/エレクトロニカ・ミュージシャン、環境音楽、ミニマル・ミュージック等の作曲家、DJ、美術家、映像作家。ソロ・ユニット名として「Child's View」、「Assembler」とクレジットされることもある。

オーディオ・スポーツ、スピリチュアル・ヴァイブスでの中心的な活動を経て、1994年、ソロ・アルバム『Child's View』をリリース。その後ワーナーと契約し、1997年に『こどもと魔法』をリリース。このアルバムを境に音色が生楽器中心から電子音中心に、作品の内容もよりパーソナルなものへと深化し、以降「子供」という言葉で表される無垢なものへの憧憬をテーマとして作曲活動を続ける。なお、『こどもと魔法』をリリースした後に、ワーナーとの契約を解消した。

1998年、自身でレーベルチャイルディスク(Childisc)を創設し、アキツユコや西山豊乃、谷村コオタ、スッパマイクロパンチョップなど若手アーティストの発掘・育成にも尽力。1999年には三宅一生のファッションショーの音楽を担当した。また、キリンジ、スティーヴ・ライヒやトータスらのリミックスでも評価が高い。テレビ番組やCMなどの作曲もこなし、ソニーのロボット犬アイボの感情表現時の鳴き声の「作曲」も担当した。

2002年、映像作家である若野桂との共作「Sign」がシカゴ近代美術館(MCA)の アート・フェスティバルでエントリー上映されたのを皮切りに世界各地で話題となる。近年ではプロモーション・ビデオにおいてクレイアートを手掛けたり、インスタレーションを催すなど、音楽以外に活躍の場を広げている。

商業主義に陥りがちで東京に一極集中している日本の音楽界を批判し、そのアンチテーゼとして京都を選択し、活動の拠点としていた。

2008年にドイツに引っ越した。