Kepler

アーティスト:Nobukazu Takemura

収録アルバム : Scope
ジャンル:エレクトロニカ
試聴 iTunesStoreでダウンロード
Scope ジャケット写真

Kepler/Nobukazu Takemuraのレビュー

  • 2000年より前にこの曲があって
    その後くるりのばらの花のPVをスペースシャワーあたりで見て
    くるりの人もこの曲聞いたのかな、と思った覚えがあります
    この当時、竹村といえば一般的には健一だったな

    投稿者 : winning_s

Kepler/Nobukazu TakemuraのYouTube動画(フルPV・MV・ライブ映像)

まだ投稿がありません

Kepler/Nobukazu Takemuraの情報

Nobukazu TakemuraのKeplerは『Scope』というアルバムに収録されており、ジャンルはエレクトロニカに分類されます。
残念ながらKeplerはiTunesミュージックストアでは配信されておらず、配信が待たれます。

Kepler/Nobukazu Takemuraを投稿している人は他にこんな曲も投稿しています

Kepler/Nobukazu Takemuraと同じジャンルの曲

  • Dokusho (feat. Hoshino Gen) - EPジャケット画像

    読書 (feat. 星野源)/宮内優里 & 星野源

    試聴

    宮内さんも源さんも大好き。

    投稿者 : mellow_tr
  • 浮気なぼくら&インストゥルメンタルジャケット画像

    希望の路/Yellow Magic Orchestra

    試聴

    たまに聴きたくなる希望シリーズ。もう1曲の「希望の河」も、なぜかたま~に聞きたくなる。 イントロのホワイトノイズにLRに順番パン振りのコード、クッたリズムのBDが印象的。当時、CX-5ってヤマハの4オペFMシンセとシーケンサで、がんば…

    投稿者 : umezawa
  • Voltaジャケット画像

    Pneumonia/Björk

    試聴

    朝からこれはマズかったかも… 時間の流れを呑み込んでしまう曇り空 何時なのか見当に迷い 夕刻と勘違いして帰りそうになる この曲はそんな気分を増長する 静寂の狂気

    投稿者 : voidbluez
  • Little Songs About Raindropsジャケット画像

    Afternoon Nap (For Pets)/Lullatone

    試聴

    紅茶でも飲みながらいかがですか( ´ ▽ ` )ノ

    投稿者 : RainbowRu
  • V Liveジャケット画像

    My Friend Dario/Vitalic

    試聴

    客観的に自分観れない人は本当に損すると思います。しかし自分もそういった部分があるのでワロエません。また、あの人は~でそういう人だと評価する人は、評価できるような人間性だったり素質が必要だと思います。

    投稿者 : miaowww

Nobukazu Takemuraと同じジャンルのアーティスト

  • paniyolo アーティスト写真

    paniyolo

    色音によって語られる、あるひとつの物語。高坂宗輝によるソロプロジェクト「パニヨロ」、傑作のファーストアルバム。確かな技術に裏打ちされたその音色が世代や性別を超えて聴く人の胸に染み渡る。まるでギターの音色によって語られる、ひとつの物語のような傑作に仕上がっている。ゲストとして、Kaede Mira、Tomomi Shikano、sholeからAkira Kosemura、Haruka Nakamura、nicaのRyodo Yamamoto、Toshiaki Hamada、など…

  • ケンイシイ アーティスト写真

    ケンイシイ

    ケン・イシイ(Ken Ishii)は、日本のミュージシャン、DJ。1970年札幌生まれ、東京育ち。 1993年にR&S Recordsからデビュー。 「東洋のテクノ・ゴッド」とも呼ばれ、1990年代以降、日本人のテクノミュージシャンで海外で本格的に評価された最初の人物であり、その道を切り開いた功績は大きい。 別名義にはFlare, FLR, Rising Sun, UTU, Yoga等がある。 現在では、ケン・イシイ名義および別名義「FLR」での活動は日本のサ…

  • Sulumi アーティスト写真

    Sulumi

    中国新世代エレクトロ・ミュージックシーンにおける重要人物の一人。ロックミュージック的アプローチを電子音楽制作回路へと移行し創作活動を展開中。様々な中国国内電子音楽コンピレーションアルバムの企画と制作に参加する傍ら、映画音楽、舞台劇の音楽演出なども担当する。音楽はIDM、Laptopミュージック等を軸とする融合スタイル。 1997年にギターを弾き始める。1998年沈陽音楽楽院付属芸術学校に入学。一年後北京へ上京、その後“吸管”、“地下嬰児”などのバンドに参加、多数のライブ活動…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。 歌詞のひらがなの読みがなを表示させるならこちらのサイト、洋楽の歌詞の和訳を検索するならこちらのサイトがおすすめです!

楽譜・ギターコード譜

プリント楽譜なら一曲単位で楽譜、ギターコード譜がダウンロードできるの便利です!
Nobukazu Takemuraの楽譜・ギターコード譜を探す