Owl City

ジャンル:ポップ
Owl City プロフィール画像

Owl CityのiTunes Store人気曲

Owl Cityのバイオグラフィー

アウル・シティー (Owl City) とは、アメリカ人のミュージシャン「アダム・ヤング」 によるソロプロジェクトの名称である。
シンセポップを基調としたエレクトロニカ色の強い楽曲スタイルで、ジャンルは「ドリーミー・エレクトロ・ポップ」と評される。また音楽性の近さからか、よくザ・ポスタル・サーヴィスと比較される事が多い。
元々はマイスペースを中心に2007年より活動していたインディーミュージシャンだったがユニバーサルミュージックに引き抜かれ、2009年7月28日にメジャー1枚目のアルバム『Ocean Eyes』を発表。このアルバムではゲストボーカルとしてリライアントKのマット・ティーセンも参加している。
『Ocean Eyes』はアメリカのビルボードチャートを上昇し続け11月7日付けのBillboard 200では8位まで上昇しTop10に入った。さらに、このアルバムに収録された楽曲「Fireflies」もダウンロード市場を中心に好評を博し、11月7日付けのBillboard Hot 100において遂に首位を獲得した[1]。その結果、アルバムトータルセールスも100万枚を超え、全米でプラチナムに認定されている。
2009年11月にはロックバンド・メイの日本公演のオープニングアクトも務めている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー