Papa Roach

ジャンル:
Papa Roach プロフィール画像

Papa Roachのバイオグラフィー

来歴
1993年にカリフォルニア州ヴァカヴィルで結成された。当初のメンバーはジャコビー・シャディックス、ジェリー・ホートン、デイヴ・バックナー、ウィル・ジェイムの4人。自らレーベルを立ち上げ、『Potatoes for Christmas』や『Caca Bonita』などのEPをリリースした。1996年にはベースのウィルが脱退し、代わりとしてトビン・エスペランスが加入する。
「月の半分はライブ」という言葉の通り、多くのライブを精力的にこなしインディーズ界で人気を博していった。1999年10月にはメジャーレーベルのドリームワークスと契約し、2000年に同レーベルからインフェスト+2 (Infest)をリリース、メジャーデビューを果たす。

初期のアルバム(『Old Friends From Young Years』や『インフェスト+2』)ではニューメタルやラップコアの影響を受けていたが、 2002年リリースの『ラヴヘイトトラジディ』からは、ラッピング・ボーカルの少ないオルタナティブ・ロック色の強い作品を作るようなった。2008年1月28日、ドラムのデイヴ・バックナーの脱退が発表された。

メンバー
ジャコビー・シャディックス (Jacoby Shaddix) - ボーカル、作詞
ジェリー・ホートン (Jerry Horton) - ギター、バックボーカル
トビン・エスペランス (Tobin Esperance) - ベース、ギター、バックボーカル
トニー・パレルモ (Tony Palermo) - ドラム、パーカッション、バックボーカル
旧メンバー
ウィル・ジェイム (Will James) - ベース
デイヴ・バックナー (Dave Buckner) - ドラム、パーカッション、バックボーカル
ディスコグラフィ
発売年 アルバム (EP)名 レーベル
1994 Potatoes For Christmas 自主制作
1995 Caca Bonita 自主制作
1997 Old Friends From Young Years 自主制作
1998 5 Tracks Deep 自主制作
1999 Let 'Em Know ワーナー
2000 インフェスト+2 (Infest) ドリームワークス・レコーズ
2002 ラヴヘイトトラジディ (lovehatetragedy) ドリームワークス・レコーズ
2004 ゲッティング・アウェイ・ウィズ・マーダー (Getting Away With Murder) ゲフィン・レコード
2006 ザ・パラマー・セッションズ (The Paramour Sessions) ゲフィン・レコード
2009 メタモフォーシズ (Metamophorsis) ゲフィン・レコード