Pet Shop Boys

ジャンル:
Pet Shop Boys プロフィール画像

Pet Shop Boysのバイオグラフィー

ペット・ショップ・ボーイズ(Pet Shop Boys)は、イギリスのポピュラー音楽デュオ。

《メンバー》
Neil Tennant (ニール・テナント) - ボーカル
Chris Lowe (クリス・ロウ) - キーボード

《プロフィール》
1981年にイギリス人ミュージシャンで雑誌の記者であったニール・テナント(Neil Tennant)と学生だったクリス・ロウ(Chris Lowe)の2人が出会って結成された。楽器屋で同じキーボードに二人同時に手を出したことより 運命的なものを強く感じたとのこと。ユニット名はたまたま二人に共通の友人がおり、その人物がペットショップで働いていたことより決まった。1985年の「West End Girls」やエルヴィス=プレスリー(Elvis Presley) のカヴァーである1987年の「Always on my mind」の世界的大ヒットで日本でも知られるようになった。ちなみにこの曲は彼らのUKにおける唯一のクリスマスNo.1ソング。その後も現在に至るまで数々のヒット曲を提供し続けている。基本的なメロディーラインはクリスが作成している。多くの作品がダンスミュージックとしても高く評価されている他、前衛映画の製作も務めるなど、多彩な才能を持っていることでも有名である。
歌詞を含め、様々な社会的事象を風刺した楽曲を作ることも得意である。ニール自身の体験が基になっている宗教的な曲「It's a sin」などは、その代表作である。また、1991年のソヴィエト連邦崩壊にインスピレーションを受け、社会主義リアリズム的な表現を取り入れたと見せかけたミュージックヴィデオの「Go West」が高い評価を得ている(実際には70年代にまだ同性愛に寛容でなかったニューヨーク市を拠点としたゲイグループ、Village People が、ゲイのメッカであるサンフランシスコへの憧れを歌った曲のカヴァー)。他にもU2の「Where the streets have no name」をHi-NRG調にした上で、他の曲(I can't take my eyes off you)とメドレーにするなど、その奇想天外な発想で注目を集めることが多い。
なおこのカヴァーを聴いたU2が激怒して、両者の関係がかなり悪くなった時期があったが、その後和解したという。
2003年には、ベスト盤「PopArt」を発表。その中一曲「Flamboyant」のミュージックヴィデオには「欽ちゃんの仮装大賞」の映像が使われ話題を呼んだ。
またボーカルのニール・テナントは自らゲイであることをカミングアウトしている。ゲイをコンセプトにしたグループ「ヴィレッジ・ピープル」の曲をカバーしたり、ライブのパフォーマンスは、ゲイ的な表現も目立つ。

《ディスコグラフィ》
[アルバム]
1986年 Please - (ウエスト・エンド・ガールズ)
1987年 Actually - (哀しみの天使)
1988年 Introspective - (イントロスペクティヴ)
1990年 Behaviour - (ビヘイヴィアー:薔薇の旋律)
1993年 Very - (ヴェリー)
1996年 Bilingual - (バイリンガル)
1999年 Nightlife - (ナイトライフ)
2002年 Release - (リリース)
2006年 Fundamental - (ファンダメンタル)
2009年 Yes - (イエス)