Reflection Eternal

ジャンル:
Reflection Eternal プロフィール画像

Reflection Eternalのバイオグラフィー

シンシナティから登場したTALIB KWELIとHI-TEKのコンビ、REFLECTION ETERNAL。MCのTALIB KWELIはニューヨーカーだが、DJ/プロデューサーHI-TEKがシンシナティ出身という事もあり、LONE CATALYSTS、MOODなどを配するWANNA BATTLEクルーの一員でもある。ソウルフルなトラックにポジティヴなライムを持ち味とする彼ら、PETE ROCK & CL SMOOTHやGANGSTARR直系といった所か。

TALIB KWELIは、80年代後半から90年代前半に流行した、意識の高いプロ・ブラックなライムを巧みなスキルによって現代に蘇らせる。その題材はヒップホップの現状から男女問題までと幅広い。自らの幼少期をヒップホップ体験などを絡めてネガティヴィティとポジティヴィティについてライムする”MEMORIES LIVE”は中でもベストだが、真のヒップホップの死を嘆くのはまだ早いと謳う”TOO LATE”、美しいラヴ・ソング”LOVE LANGUAGE”、道を踏み外すなと説く”GOOD MOURNING”や4つの物語を通して女性の味わってきた苦しみを歌う”FOR WOMEN”など、唸らされる。他にも、バトル・ライム”SOME KIND OF WONDERFUL”、”AFRICA DREAM”や、MOS DEFと共に、ニューヨークについて歌う”THIS MEANS YOU”辺りもドープだ。

さて、相棒HI-TEKのトラックは、一言ソウルフルだ。サンプル・クリアランスの関係だろう、初期のようなモロ使いはなりを潜め、サンプルをフリップしたモノが増えている点は寂しいが、それでも全編に渡り良い仕事をしている。ファンキーな”MOVE SOMETHIN’”や”DOWN FOR THE COUNT”のようなモノから、女性ヴォーカルをフィーチャーした”THE BLAST”や”TOO LATE”、”LOVE LANGUAGE”のようなモノまで、極めて高水準。特に、”TOUCH YOU”の終盤のギターソロや、スムースな中にも緊張感を漂わせる”FOR WOMEN”はドープこの上ない。

取り敢えず、TALIB KWELIとHI-TEKのコンビネーションは完璧だ。だが、2人の曲に比べゲストを招いた曲が少し弱いのが気になった。ゲスト無しでタイトにまとめた方が賢明だったのではないだろうか。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー