Rihanna

ジャンル:ヒップホップ/ラップ
Rihanna プロフィール画像

RihannaのiTunes Store人気曲

Rihannaのバイオグラフィー

リアーナ(本名:ロビン・リアーナ・フェンティー)は、1988年2月20日、カリブ海の島バルバドスで第一子として誕生し、2人の弟がいる。バルバドスの小学校、チャールズ・F・ブルーム記念学校、そしてコンバーミア中学校に通い、中学時代2人の同級生といっしょにトリオを結成し音楽活動をはじめる。

2004年、ミス・コンバーミア・ページェントに優勝し、カラーズ・オブ・コンバーミア学校祭に出演。マライア・キャリー(Mariah Carey)の「ヒーロー(Hero)」を歌った。
彼女が15歳になったとき、バルバドスで休暇をすごしていた音楽プロデューサー、エヴァン・ロジャースに彼女の友人がリアーナを紹介したことで大きな転機が訪れる。
ロジャースは仕事上のパートナーであるカール・スターケンとともに、アメリカでリアーナの宣材用録音を手伝い、数々のレコード会社にそれを送りつけた。
そのうちのひとつがジェイZ(Jay-Z)のもとに届けられ、彼はリアーナを自らの音楽レーベルに所属させるサインをした。

リアーナは、自身が楽曲作成にも参加して完成させたアルバム「ミュージック・オブ・ザ・サン」(Music of the Sun)で、2005年8月にデビュー。先行シングル「ポン・デ・リプレイ」(Pon de Replay)は、アメリカのビルボード・ホット100と、イギリスのシングル・チャートのそれぞれで2位を記録した。

セカンドシングル「イフ・イッツ・ラヴィン・ザット・ユー・ウォント」(If It's Lovin' That You Want)は、ファーストシングルほど成功しなかった。アルバムは、カナダとアメリカでトップ10入り、イギリスでトップ40に入る。また、いくつかの国でプラチナディスクの認定を受け、アメリカでゴールドディスクとして認定された。そしてさらにプロモーションを強めるため、リアーナは、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)とともにツアーをおこなった。そしてアルバムはアメリカで50万枚、世界で200万枚を売り上げた。

2006年、4月には、前作から8カ月を待たず、セカンドアルバム「ガール・ライク・ミー」(A Girl Like Me)をリリース。このアルバムは発売週にアメリカで5位、イギリスで6位にチャートインした。

先行シングル「SOS」は、ナイキとのタイアップ曲である。この曲は、リアーナがはじめてホット100で1位を記録した曲となり、またホット・デジタル・ソングズチャートでは、デジタルシングルの発売週の売上としては歴代2位の記録で、1位に初登場した。「SOS」は、オーストラリアで1位、イギリスで2位を記録している。セカンドシングルは、ボーイフレンドをだました罪悪感を表現したスロー・ナンバー、「アンフェイスフル」(Unfaithful)。この曲でアメリカとイギリスでの3回目のトップ10入りを果たす。サード・シングル「ウィ・ライド」(We Ride)は以前のものほど成功していない。このアルバムからの4枚目のシングル・カットは、「ブレイク・イット・オフ」(Break It Off)でショーン・ポール(Sean Paul)にフィーチャーされている。

セカンドアルバムにつづいて、サードアルバム「グッド・ガール・ゴーン・バッド」(Good Girl Gone Bad)をリリースした。最初のシングルカット「アンブレラ」(Umbrella (feat. Jay-Z))は、アメリカ、イギリスで超ヒットとなり、いずれの国のチャートでも1位を記録した。イギリスでは、10週以上にわたって1位を維持しており、過去10年間で最高のシングルとなる勢いである。

最近、リアーナは、ビルボード・ミュージック・アワードで4つの賞を獲得した。そのうちの最優秀女性アーティスト賞は、ビヨンセ(Beyonce)とメアリー・J・ブライジ(Mary J Brige)を抑えての受賞である。
リアーナは、またグラビアの世界に登場したり、LG電子が発売しているチョコレートフォンの新色開発に貢献するなど、新たな顔を見せはじめている。


歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー