Ringo Deathstarr

ジャンル:
Ringo Deathstarr プロフィール画像

Ringo Deathstarrのバイオグラフィー

リンゴ・デススターはテキサス州オースティンのロックバンド。2005年結成。マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ジーザズ・アンド・メリー・チェインなどのシューゲイザーのほか、ラモーンズなどのパンクにも影響を受けた疾走感、爽快感のあるシューゲイズ・サウンドが特徴。

現メンバーはエリオット・フレイザー(Elliott Frazier/ギター・ボーカル)、アレックス・ゲーリング(Alex Gehring/ベース・ボーカル)、ダニエル・コーボーン(Daniel Coborn/ドラム)の3人。

リンゴ・デススターの歴史は、エリオットが故郷であるテキサス州ボーモントを離れ、音楽活動が盛んな同州オースティンに移ったことに始まる。ここでエリオットは多くのメンバーチェンジの末、ギター担当のレナン(Renan McFarland)、ドラム担当のダスティン(Dustin Gaudet)、そして現メンバーでベース担当のアレックスを集め、2007年にデビューEP『Ringo Deathstarr』を発表する(この収録曲は後にミニ・アルバム『Sparkler』として再発する)。ダニエル加入後、2011年に『Colour Trip』でフル・アルバムデビュー(このアルバムの発表後にレナンが脱退し、現在の3人体制となる)。2012年9月には2ndアルバム『Mauve』を発表した。

エリオットは主にラモーンズやニルヴァーナなどのパンクを聴きながら育ったが、映画『ロスト・イン・トランスレーション』の挿入曲「Just Like Honey」(ジーザズ・アンド・メリー・チェイン)に衝撃を受け、シューゲイズ・バンドを組むことを決意した。