Rush

ジャンル:
Rush プロフィール画像

Rushのバイオグラフィー

ラッシュ(Rush)は、
カナダのプログレッシブ・ロック・バンド。

1968年、トロントの郊外ウィローデイルにてアレックス・ライフソン、
ジェフ・ジョーンズ、ジョン・ラトジーの3人で結成。
同年、ジェフ・ジョーンズが脱退し、
二代目ベーシストとしてアレックスの友人ゲディー・リーが加入。

1974年、結成6年目にプロ・デビューを果たす。
デビュー後、アメリカ・ツアーを前にドラムスがニール・パートに変わる。
以降これを不動のラインナップとして現在に至る。

ドリーム・シアターやシンフォニーX、シャドウ・ギャラリー、
プライマス、メタリカ、スマッシング・パンプキンズなど、
多くのミュージシャンに影響を与えてきた。

ドラムスのニール・パートが娘、
妻を相次いで亡くした事が主たる原因でミュージシャン活動する意欲が持てず、
一時、永久活動休止とも受け取れる発言がインタービュー等でなされていた時期もあったが、
2005年には結成30周年ライブツアーも敢行し、
その模様を納めた30周年記念ライブDVD「R30」
(DVD2枚とライブCD2枚の4枚カップリング)もリリース。

74年、『閃光のラッシュ』でデビューを飾る。
そして76年リリースの『西暦2112年』で世界的な成功を獲得していく。
へヴィ・メタリックなサウンド・プロダクツ、
変拍子や転調を多用したプログレ的な曲構成、超絶テクを誇る演奏、
コンセプチュアルな詞世界--はヘヴィ・ロック・ファンの間で大きな話題となり、
ラッシュ旋風が吹き荒れたのであった。

以降、適度なポピュラリティを内包した、
観念的かつ哲学的なコンセプト・アルバムを続々とリリース。

リスナーの知的好奇心を煽り、それらの作品群は超爆発的セールスを挙げ、
確固たる地位を築いていく。
また80年代以降のラッシュに見られる、
うた心あふれるポップ路線は彼らをさらなる成功へと導いていった。

ちなみに彼らの全米におけるゴールド・ディスク獲得回数は、
ビートルズ、ストーンズに継ぐ22枚とのこと。