Silversun Pickups

ジャンル:
Silversun Pickups プロフィール画像

Silversun Pickupsのバイオグラフィー

Silversun Pickupsは、アメリカのオルタナティブ・バンド/シューゲイザー・バンド。
2005年、ロサンゼルスで結成。

メンバー:
Brian Aubert (vocals, guitar)
Nikki Monninger (vocals, bass)
Joe Lester (keyboards)
Christopher Guanlao (drums)

メンバーは、過去に一緒に演奏、もしくは互いの友人のバンドでプレイしていた仲だった。
レーベルはDangerbird Records。

2005年7月、EP「Pikul」でデビュー。
2006年7月26日、1stフルアルバム「Carnavas」をリリース。
2007年、ビルボードの『ホット・モダン・ロック・トラックス』チャートで2曲がトップ10入り。(「Lazy Eye」が5位、「Well Thought Out Twinkles」が9位)
2009年4月14日、2ndフルアルバム「Swoon」をリリース。

ブライアンのヴォーカルスタイルから、スマッシング・パンプキンズとよく比較されるほか、マイ・ブラッディ・バレンタイン、ラッシュ、ライド、スロウダイヴ等のシューゲイザー勢も引き合いに出される。
しかし、メンバー自身は、むしろモデスト・マウスやヴェルヴェット・アンダーグラウンド、
その他知名度の低いアーティストからの影響の方が強いと主張している。

ツアーでは、OK Go、スノウ・パトロール、フー・ファイターズ、ナイン・インチ・ネイルズ、カイザー・チーフスなどのサポートを務めた。
コーチェラやレディング/リーズなどのロックフェスティバルにも出演。

Webやラジオのセッションで、ジョイ・ディヴィジョンの「Shadowplay」や、ビョークの「Big Time Sensuality」をカバーしたことがある。

日本には、2008年のサマーソニックで初来日。
2ndアルバムリリース後の再来日が期待される。