Sly & The Family Stone

ジャンル:
Sly & The Family Stone プロフィール画像

Sly & The Family Stoneのバイオグラフィー

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、主として1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種性別混合ファンクロックバンド。

メンバー
スライ・ストーン(1944.3.15-) - ヴォーカル&キーボード&ハーモニカ。強烈なアフロヘア+もみあげにサングラス、キーボードを弾きながら歌う。
フレディ・ストーン(1946-) - ヴォーカル&ギター。スライの弟。
ローズ・ストーン(1945-) - ヴォーカル&キーボード。スライの妹。ロージーとも名乗る。
シンシア・ロビンソン(1946-) - ヴォーカル&トランペット。スライの高校時代の友人。のちスライとの間に私生児シルヴェットを生む。
ラリー・グレアム(1946.8.14-) - ヴォーカル&ベース。シンシアの親戚。1972年に脱退し、ラスティ・アレン(1953-、黒人)に替わる。
ジェリー・マルティーニ(1943-) - サックス。
グレッグ・エリコ(1949-) - ドラム。1971年に脱退し、1973年にアンディ・ニューマーク(1950-、白人)に替わる。
オリジナルメンバーでは、イタリア系の白人であるマルティーニとエリコを除く5人が黒人。
1972年から予備のサックス奏者としてパット・リッツォ(白人。イタリア系)が加わった。

デビューシングル"I Ain't Got Nobody"をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年にファーストアルバム"A Whole New Thing"とシングル"Underdog"を出し、絶賛はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。その後、デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の"Dance to the Music" だった。この曲はビルボード8位を記録し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。

1968年の暮れにシングル"Everyday People"をリリース。このバンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲はあらゆる偏見に対するプロテストソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。1969年にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同年、アルバム『スタンド!』 Stand! をリリース。300万枚を売り上げ、60年代にもっとも成功したアルバムのひとつとなる。

しかし、同じ頃すでにリーダーのスライ・ストーンは麻薬中毒に侵されていた。薬物の影響で人格に荒廃を来たしたスライは、仲の悪いラリーにバンドの主導権を乗っ取られるのではないかとの妄想に取り憑かれ、銃を振り回し、何度となく逮捕起訴され、コンサートで大幅な遅刻とキャンセルを繰り返した。1975年1月にはラジオシティ・ミュージックホールでの公演の大失敗(僅か8分の1しか客席が埋まらなかった)を機に、とうとう活動を停止した(ただし公式の解散は1981年)。バンドが崩壊しつつあった時期の最後の輝きともいえるアルバムが1971年11月の『暴動』 "There's a Riot Goin' On"で、一時期のスライとは似ても似つかぬ暗いトーンで仕上がっている。

2007年7月7日、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが結成40周年を記念し、米カリフォルニア州サンノゼで20年振りにステージ復帰を果たした。しかし前座のバンドのパフォーマンスが長引き、彼らが登場した時点で既に指定制限時間を過ぎてしまっていたため、15分間で2曲半を演奏したところで警察によって遮断されてしまった。同12日からはイタリアのペルージャを皮切りとして、同15日のロッテルダムで開催されたノース・シー・ジャズ・フェスティバル、同19日のニース・ジャズ・フェスティバル、同22日のイギリスのラヴボックス・ウィークエンダー・フェスティヴァル、同23日にはパリのオリンピアホール、同28日にはイギリスのボーンマス等を回るツアーを敢行。再結成公演の際は然るべき事情があったが、その後のミニワールドツアーでも公演はいずれも短時間で、ブランクと老い、往時を思い起こさせる奇行をも見せたが、復帰を喜ぶファンからは大きな声援と拍手が贈られた。

なおジョニー・ギター・ワトソンの1996年のアルバム"Johnny Guitar Watson & The Family Clone"はスライ&ザ・ファミリー・ストーンを意識している。また日本のミュージシャンスガシカオのツアー時のバンド名"Shikao & The Family Sugar"は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのもじりである。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー