THE BAWDIES

ジャンル:
THE BAWDIES プロフィール画像

THE BAWDIESのバイオグラフィー

THE BAWDIES (ザ・ボゥディーズ) は、日本のロックバンド。

メンバー

* ROY(ロイ=渡辺亮、1983年7月16日 - ) ボーカル、ベース。
* TAXMAN(タックスマン=舟山卓、1983年11月21日 - ) ギター、コーラス。
* JIM(ジム=木村順彦、1983年5月26日 - ) ギター、コーラス。
* MARCY(マーシー=山口雅彦、1983年11月8日 - ) ドラムス、コーラス。

2004年に小学校からの同級生であったROY、JIM、MARCYの3人と、高等学校からの同級生であるTAXMANで結成。

2009年4月22日、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIプロデュース曲(4曲)を含む、メジャー1stアルバム『THIS IS MY STORY』をGetting Betterからリリース。

ザ・ソニックス(The Sonics)とリトル・リチャードなどのブラックミュージックから音楽的影響を受けている。ポール・ウェラーからセッションやオープニングアクトのオファーを受けるなど、高い評価を得ている。

the telephones、the brixton academy、QUATTRO、PILLS EMPIREと共にライブイベント、KINGSを行っている。また、田中宗一郎主催のCLUB SNOOZERに多く出演している。海外のロックのライブのように、演奏が始まったら好き勝手に踊って欲しいという思いから、ライブのことをパーティと呼んでいる。

ROYがベース・ボーカルであるのは、Hi-STANDARDの影響から。