Towa Tei

ジャンル:
Towa Tei プロフィール画像

Towa Teiのバイオグラフィー

テイ・トウワ(TOWA TEI)は、日本のDJ、ミュージシャン、音楽プロデューサーである。 "Sweet Robots Against The Machine" 名義での活動もある。コロムビアミュージックエンタテインメント所属。レーベルhug Columbia主催。

略歴
16歳頃よりデモテープ作りを始め、武蔵野美術短期大学在学時から坂本龍一のFMラジオ番組『サウンド・ストリート』でデモテープが発表される。1987年、グラフィックデザインを学ぶため渡米。
1990年、米国のハウスバンド、ディー・ライト(Deee-Lite)のメンバーとして米エレクトラ・レコードよりデビュー(当時の名称はJungle DJ Towa-Towa)。『グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート(Groove Is In The Heart)』はイギリス/オーストラリアで1位、米ビルボードポップチャート4位を獲得した。
1994年より、活動の拠点を日本に移し、1stアルバム『FUTURE LISTENING!』でソロデビュー。DJとしても、精力的に活動している。

2005年、4thアルバム『FLASH』、リミックスアルバム『FLASHER』、ヴィジュアル・ブック『LOOK』をリリース。ヒットコンピシリーズ『MOTIVATION』監修。

2007年、DJとして20周年を迎え、 "TOWA TEI DJ 20th. ANNIVERSARY TOUR" を開催した。また、音楽プロダクション "hug inc." を、Columbia Music Entertainmentとレーベル "hug Columbia" をそれぞれ立ち上げ、その第1弾として1stアルバム『Future Listening!』の新規リミックスや未発表音源を含むリマスター盤を2枚組にて4月18日に、人気コンピレーションシリーズの第5弾『MOTIVATION FIVE compiled by DJ TOWA TEI』を6月20日にリリースする。
この他2007年の活動としては、TVシリーズ "24 -TWENTY FOUR-" メインテーマのリミックスを担当した。この曲は、iTunes Storeにおいて限定リリースされる予定である。また、4月25日発売の「細野晴臣トリビュート」に "テイ・トウワ + ナチュラルカラミティー" として『ハニー・ムーン』で参加。
映画では、6月2日に公開された松本人志監督「大日本人」の映画音楽プロデュースを手掛けた。また細野晴臣が音楽監修を担当する10月公開予定の映画「EX MACHINA - エクスマキナ - 」にオリジナル楽曲『EX Boy』を提供する。

また音楽プロダクション兼作曲家としてヒット商品のCMに携わる事も多く、近年ではamadanaによるDoCoMo「N705i」のサウンドプロデュースを担当。

クリディティヴ・ディレクターを務めるAYUSE KOZUEの1stアルバム「AK」、『大日本人』のOriginal Sound Track、サウンド・プロデュース作品となる板尾創路のデビュー・シングル『少年B』が発売中。7月9日、新曲「A.O.R.」TOWA TEI feat. LINA OHTAを収録したコンピシリーズ最新作『MOTIVATION 7』をリリースする。

プロデューサーとしては、ダウンタウンの "Geisha Girls"(坂本龍一との共同プロデュース)や、今田耕司の "KOJI-1200"、"KOJI-12000" などを手がけ、現在、DTMシンガーソングライターのAYUSE KOZUEのクリエイティヴ・ディレクターとしても活動している。
親指と人差し指でチョキを作り、それをアゴに当てるポーズの写真が多い。