Tahiti 80

ジャンル:ロック
Tahiti 80 プロフィール画像

Tahiti 80のiTunes Store人気曲

Tahiti 80のバイオグラフィー

タヒチ80(たひち・えいてぃー、Tahiti 80)は、フランスのポップ音楽グループ。
1993年、フランスのノルマンディー地方、ルーアンの学生であったグザヴィエを中心に活動し始める。歌詞は英語。インディーズ活動の後フランスのレーベル、アトモスフェリックにより、98年フランス国内でアルバム・デビュー。

アルバム『PUZZLE』は、プロデューサーにIVYのアンディ・チェイスを起用。またファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンガー、カーディナルスのエリック・マシューズがゲスト参加する。その後2000年、アメリカ、イギリス、日本でのデビューが正式に決定。2002年9月、セカンド・アルバム『WALLPAPER FOR THE SOUL』をリリース。特筆すべきはアジア圏の日本で爆発的に人気が出たことである。

2005年に発売された『FOSBURY』のタイトルは、1968年メキシコ・オリンピックの走り高跳びで金メダルを獲得したアメリカ人選手、ディック・フォスベリーに由来する。『HEARTBEAT』はCorneliusこと小山田圭吾がリミックスをしたことでも知られている。

2007年にグサヴィエは初のソロアルバム『Tutu To Tango』をリリース。その際の名前は「Xavier Boyer」をアナグラムにした「Axe Riverboy」としてリリース。またリミックスアルバム『チュ・チュ・トゥ・タンゴ・リミックス』も同年に発売された。

2008年には約3年半振りのスタジオアルバムとなる、4thアルバム『ACTIVITY CENTER』がリリースされる。収録曲の中には「明治神宮に行きたい」という歌詞があった。

2009年、サマーソニック・ビーチステージのトリとして再び出演するが、東京公演は荒天のため中止となった。

2010年、三度目のサマーソニック出演を果たし、初のベスト・アルバム『SINGLES CLUB』をリリースした。

メンバー
グザヴィエ・ボワイエ(Xavier Boyer) - ボーカル、ギター、キーボード、ピアノ、ベース
メデリック・ゴンティエ(Médéric Gontier) - ギター、ボーカル、キーボード
シルヴァン・マルシャン(Sylvain Marchand) - ドラムス、パーカッション、キーボード、ピアノ
ペドロ・ルスンド(Pedro Resende) - ベース、キーボード、プログラミング、パーカッション、ボーカル


歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー