The Beatles

ジャンル:
The Beatles プロフィール画像

The Beatlesのバイオグラフィー

世界中で最も広く知られ、成功したロックバンド。イギリスのリヴァプールで結成され、アメリカを制圧し、世界中を席巻してポピュラー音楽の流れを変えた。1962年レコードデビュー(英国デビュー曲は「ラブ・ミィ・ドゥ」)。1970年解散。

外貨獲得に大きく貢献したことから、1965年に当時ロックバンドとしては異例のMBE勲章が授与された。

世界的アイドルとして成功を収める一方、1960年代以降のロック・ポップスシーンに与えた影響も含め、また後期になって行くほど世界屈指のアーティストとして、その楽曲の普遍性、革新性もまた高く評価されており、現代音楽の金字塔として揺ぎない地位を保っている。1960年代の日本のグループサウンズもまた、ビートルズから影響を受けたジャンルのひとつである。ギネスワールドレコーズには最も成功を収めたロック・グループと認定されている。

その解散後、イギリスで大人気アイドルが出て来る度に「第二のビートルズ」という呼び名で表現された。またFab4-ファブ4と言う呼び名や不世出のロックグループと呼ばれる。

なお、ジョージを除いて4人中3人がアイルランド系移民の子孫である(司馬遼太郎の愛蘭土紀行参照)。

《メンバー》
・ジョン・レノン(John Lennon)(リズムギター)
・ポール・マッカートニー (Paul McCartney) (ベース)
・ジョージ・ハリスン (George Harrison)(リードギター)
・リンゴ・スター(Ringo Starr)(ドラムス)
《デビュー前のメンバー》
・ピート・ベスト (Pete Best)
・スチュアート・サトクリフ (Stuart Sutcliffe)


日本公演

日本公演は、読売新聞社と中部日本放送の主催によって1966年6月30日から7月2日にかけて5公演、東京・日本武道館において行われた。初日は夜のみ、2・3日目は昼および夜の各2回公演であった。

(入場料金) A席:2100円、B席:1800円、C席:1500円 ※警備の都合上アリーナ席はなし


ビートルズ来日に伴い、警備は相当厳重になり、警視庁は大規模な警備体制を取り約3万5千人の警備員と機動隊が出動した。また安保闘争を除けば警視庁創設以来の大規模な警備体制となった。 公演では当初、初日のステージの様子が録画されテレビ放送されることになっていたが、ビートルズ側の言い分(マイク・スタンドの不備等)によりその映像は放送されず、急遽、翌7月1日昼の部のステージが収録されて、その日の夜9時から日本テレビ系列にて放送された本放送に使われた(番組の詳細はザ・ビートルズ日本公演 (テレビ番組)を参照)。7月1日公演分の録画(白っぽい衣装)は、放送終了後エプスタインが持ち帰ってしまったため、近年何度かされた再放送や、1986年に日本国内のみで正式発売されたビデオなど(今は廃盤)は、6月30日公演分の録画(ダークな衣装)である。当時開発されたばかりの2インチ高画質カラービデオテープで収録されたこの公演はとても鮮明な画像で残されており、数少ないカラーのビートルズのコンサート映像の中でも世界的に類を見ないものであるため、日本国内のみで正式発売されたビデオは海外のファンの間ではかなりの高額で取引されている。しかし、現在では版権等の問題があるため、2006年現在このビデオの再リリースは不可能といわれている。

ちなみに7月1日の映像はDVD『アンソロジー・エピソード5』で2曲のみ見ることができる。全曲は非公式ビデオ・DVDでしか見ることができないが、見所として『アイ・フィール・ファイン』の冒頭でジョンがギターでフィードバック音を出している部分が挙げられる。また、このDVD『アンソロジー・エピソード5』には、ほんの数秒ではあるものの、当時ビートルズの広報を担当していたトニー・バーロウによって撮影された、7月2日昼の部のカラー8ミリ映像も収録されている。一部のコレクターなどにS氏が撮影した6月30日と7月1日(昼の部)のカラーの8ミリも存在し今のところ、存在が確認されている日本公演の映像はこの3ステージ分のみであるが、実はこの時、東京オリンピック開催時とほぼ同じ規模だったと言われるビートルズ日本公演の警備の模様を記録した『ビートルズのすべて』と題された記録映画が、警視庁によって製作されている。内部資料の一部であり、当然のように非公開映画であるため、どのような構成なのか、モノクロなのかカラーなのか、上映時間は何分なのか、またビートルズの姿やビートルズのステージの模様も収録されているのか、などといった具体的な内容は一切不明であるが、この映画の中に、上記3ステージ以外のステージの模様や、楽屋やホテルでのビートルズの姿が記録されている可能性はある。

タレントの志村けんは、7月2日昼の部の公演を2階前列で見た際に、テープレコーダーで録音。また同日夜の部では、ジョンがサングラスをして公演をした珍しい日でもあった。当時はPA(拡声)システムが整備されておらず、あまりの大歓声に演奏者であるビートルズ及び観客には良く演奏が聴こえなかったという。これは日本公演に限らずビートルズのどの公演にも当てはまるのだが、そのため、勘で演奏をしていた部分もあり、ワンパターンの決まり切った演奏(特にドラム)しかできなかったらしい。

この日本公演に関して言えば、武道館のアナウンス用スピーカーからも演奏を流していたのと、欧米諸国に比べファンが騒ぐことなく比較的おとなしく演奏を聴いていた(実際には、「席を立ち上がったら即退場」という規制が敷かれていたことと、1階のアリーナ席には警察官および関係者以外立ち入り禁止だったため2階のスタンドより上にしか観客はいなかった)ため、演奏自体はおおかた聴こえていたようである。しかしながら、「まったく聴こえなかった」という人と「いや、ちゃんと聴こえた」という人とどちらの証言も多数あるため、客席の位置によって聴こえた場所と聴こえなかった場所があった可能性は非常に大きい。RCサクセションの 仲井戸麗市は著書『だんだんわかった』で、高校生時代に見たこの公演の様子を書いており、リンゴの『アイ・フィール・ファイン』のバスドラムの踏み方が完璧で本物だった、と記している。

今でこそ東京ドーム同様、武道館でのロックコンサートは頻繁に行われているが、当時は佐藤栄作首相や、元朝日新聞記者で政治評論家の細川隆元らが、「神聖なる日本武道館でロックバンドが演奏することなどけしからん」という意見が多数を占めていた(特に細川は、テレビ番組などで差別用語まで使い罵倒を繰り返していた)。実際に、公演会場を後楽園球場かよみうりランドへ変更することも検討された。これに対しポールは「僕らは演奏をしに来ただけだよ。例え日本の舞踊団がイギリス王立の会場でパフォーマンスを行ってもイギリス人は伝統を汚されたとは思わない。」と反論。ジョンも「戦うよりも音楽を演奏する方が平和でいいよ。」「僕らはここでやってくれと言われたからやるだけで、別にボクシング場でもどこでも僕らは構わない。」とコメントしている。

司会を務めたのはE・H・エリック。前座として尾藤イサオ、内田裕也、望月浩、桜井五郎、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、ブルージーンズ(寺内タケシは所属事務所渡辺プロダクションを退社する条件としてグループから脱退した直後のため出演していない)、ザ・ドリフターズ(6月30日・7月1日のみ)が舞台に上がった。前座の模様は版権の関係でビデオ化されたことはないが、映像自体は残されており、時折テレビでも一部が放送されることがある。ドリフターズの演奏は当時放映されておらず、日本テレビいつみても波瀾万丈に加藤茶が出演した際に始めて公開された(6月30日版)。6月30日・7月1日昼の部両日共に記録されているが7月1日は当時放送分に公開されたきり、一度も放映されていない。7月1日のVTR全てをビートルズサイドが持ち帰ったためとされている。7月2日の演奏は、写真が残されているのみで公式な映像・音声は2006年現在一つも発見されていない。

しかしこの日本公演は、アメリカでの1964年、1965年の公演に比べると、ライブとしては決して良い出来とは言えなかった。音程は外れていたし、マイク等の機材も品質の良い物ではなかった。ライブ前の記者会見でジョンが「ビートルズを聞きたい人はレコードを聞いてください。ビートルズを見たい人はコンサートへ来てください。」と言っていたことを考えると、始めからまともに演奏する気がなかったことが窺える。そして、ライヴでの再現が不可能・困難な曲を多く含んだアルバム『リボルバー』のレコーディングを来日前に終えているという事も考慮すると、ビートルズは最早ライブ活動に対する執着心を感じていなかったのではないかという事が考えられる。(初日の演奏で日本のファンが演奏を聴いてくれていると知ったメンバーが翌日のステージでは恥ずかしい演奏は見せられないと本気の演奏をしたという証言もある)

初日公演翌日の7月1日の朝刊では、全国各紙一斉にこの日本公演の模様を大々的に報じた。どの新聞社も一通り公演の様子を伝えてはいるものの、ビートルズの演奏よりも熱狂する少女や厳重な警備体制に焦点を定めた社会記事的な扱いをしており、また数ある新聞社の中でも朝日新聞は、「1曲目の『ツイスト・アンド・シャウト』から始まり、『ヘルプ』、『プリーズ・プリーズ・ミー』とヒット曲が続くと少女たちの熱狂は頂点に達した…」などと、実際の演奏曲とはまったく違う明らかな予定稿を載せていた。このことからも、当時の日本のマスコミは「ビートルズそのもの」よりも「ビートルズが巻き起こす社会現象」に関心が強かったことが窺える。

メンバーの投宿に際しては、警備上の理由からなかなか決まらず、唯一名乗りを挙げた「東京ヒルトン」(後のキャピトル東急ホテル。2006年11月30日に閉館)に落ち着いた。

なお、来日時に日本航空のダグラスDC-8機のタラップを降りてくる時に、4人のメンバー全員が「日本航空」のロゴの入った法被を着用していたが、これは、「宣伝のために自社のロゴの入った法被を4人に着用させろ」との日本航空の宣伝部の命を受けた客室乗務員が、「日本の伝統衣装を着用すると日本のファンが喜ぶ」といって着用させたものだった。

《ディスコグラフィー》
オリジナルアルバム
1963年 プリーズ・プリーズ・ミー (Please Please Me)
1963年 ウィズ・ザ・ビートルズ (With The Beatles)
1964年 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! (A Hard Day's Night)
1964年 ビートルズ・フォー・セール (Beatles for Sale)
1965年 4人はアイドル (Help!)
1965年 ラバー・ソウル (Rubber Soul)
1966年 リボルバー (Revolver)
1967年 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)
1968年 ザ・ビートルズvThe Beatles)
1969年 イエロー・サブマリン (Yellow Submarine)
1969年 アビイ・ロード (Abbey Road)
1970年 レット・イット・ビー (Let It Be)