The Cribs

ジャンル:オルタナティブ
The Cribs プロフィール画像

The CribsのiTunes Store人気曲

The Cribsのバイオグラフィー

ザ・クリブス (The Cribs) は、イギリス・ウェスト・ヨークシャー州、ウェイクフィールド出身のロックバンド。 いかにもイギリスのインディー然としたバンド・サウンドが特徴。ローファイ好きのジャーマン3兄弟と元ザ・スミスのギタリストであるジョニー・マーの4人組。

来歴
2001年、ローファイ好きのジャーマン3兄弟によって結成される。

2004年、インディーでリリースしたシングルが話題となり、イギリスの人気レーベル・ウィチタと契約し、1stアルバム『ザ・クリブス』をリリース。同年8月、サマーソニックにて初来日を果たす。

2005年、2ndアルバム『ザ・ニュー・フェラス』をリリースし、スマッシュヒットとなる。この年、ピート・ドハーティにも気に入られ、ザ・リバティーンズの前座を務めたこともあった[1]。

2006年、フジロック・フェスティバルに出演のため来日。同じくフジロックに出演していたフランツ・フェルディナンドの演奏時にはステージに招かれドラム乱打のパフォーマンスを共演した。

2007年、プロデューサーにフランツ・フェルディナンドのボーカル、アレックス・カプラノスを迎え、3rdアルバム『メンズ・ニーズ,ウィメンズ・ニーズ,ホワットエヴァー』をリリース(アレックスはノーギャラで引き受けたという噂もある)。同アルバムにはソニック・ユースのリー・ラナルドもゲスト参加している。

2008年、フジロック・フェスティバルに2度目の出演を果たす。同年、バンドと一緒にレコーディング・セッションを行なっていると伝えられていた元ザ・スミスのギタリスト、ジョニー・マーが正式にザ・クリブスに加入。

2009年、現在の4人編成になって初の作品、4thアルバム『イグノア・ジ・イグノラント』をリリース。10月に単独での来日公演が決まっている。

メンバー
ゲイリー・ジャーマン(Gary Jarman)(1980年10月20日 - )(ボーカル、ベース)
ライアン・ジャーマン(Ryan Jarman)(1980年10月20日 - )(ボーカル、ギター)
ロス・ジャーマン(Ross Jarman)(1984年9月22日 - )(ドラムス)
ジョニー・マー(johnny marr)(1963年10月31日 - )(ギター)
ゲイリーとライアンは双子でツインボーカル、ロスは2人より4歳年下の弟である。

概要
新人バンドたちの活躍で賑やかなUKシーンにあって地味な印象を与えがちだが、「バンドを続けていける程度のセールスで構わない」という、流行に左右されない独自のバンド運営と音楽スタンスをとっているため、熱烈なコア・ファンを多く抱えている。
多くの同期バンド - カイザー・チーフス、ジ・オーディナリー・ボーイズ、ブロック・パーティー、フランツ・フェルディナンド、ダーティ・プリティ・シングス、アークティック・モンキーズ、ザ・コーラル、マキシモ・パーク、レイザーライトといった面々と親交が深く、彼らからも憧憬と好意のリスペクトをよせられている(また、日本ではアジアン・カンフー・ジェネレーションとも交流がある)。カイザー・チーフスとは特に仲が良く、彼らはクリブスの「アナザー・ナンバー」を、クリブスはカイザーの「モダン・ウェイ」を互いにカバーしている。
彼らのライブは過激で知られ、メンバーがどこかしら怪我するのは日常茶飯事である。
ゲイリー・ジャーマンの妻はスティーヴン・マルクマス&ザ・ジックスやクワージなどでプレイしているジョアンナ・ボーム。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー