The La's

ジャンル:
The La's プロフィール画像

The La'sのバイオグラフィー

ザ・ラーズ(The La's)はイギリスのロックバンド。1986年、リヴァプールにて結成。これまでにリリースされたアルバムはたった1枚だが、There She GoesやTimeless Melodyなどの彼らを代表する曲からわかるように、イギリスにおけるギターポップに多大な影響を与え、伝説的なバンドとして語り継がれているバンドである。

(正確に言えば、ラーズの始まりは1984年になるが、リー・メイヴァースがフロントマンになり、本格的に活動を開始するのが1986年からのため、この項では結成時期を1986年と記述している。)
リーとジョンを中心としたバンドは、スタジオでデモ音源を何曲か録音し、レコードレーベルに売り込む。彼らの音源に興味を持ったレーベルの中から、彼らはGo! Discsを選ぶ。
1987年、Go! DiscsからシングルWay Outをリリース。地元リバプールを基盤として地道なライブ活動を精力的に行う。翌年の1988年にはセカンドシングルThere She Goesをリリース。評論家達からの賞賛とは裏腹に、セールス面で伸び悩む。しかし、同郷のバンドたちとともに、リバプールの音楽シーンを盛り上げる。
本格的なアルバム制作活動は1989年に入ってからとなる。レコーディングが進み、その年の5月にはサードシングルTimeless Melodyがリリースされる予定であったが、リーがその出来に納得いかずに発売をキャンセル。プロデューサーとの衝突が原因ではないかとされている。この流れでレーベルとバンドの間に深い溝が出来てしまい、アルバムのリリースも水に流れる。デビューから2年経ったにも拘らず、一向にアルバムが完成しない状況をみて、レーベル側はスティーブ・リリーホワイトをプロデューサーに起用、ロンドンのエデン・スタジオでレコーディングを再開する。しかし、セルフ・プロデュースを望むバンド側は、曲の出来に満足がいかず、途中で放棄する。Go! Discs側も彼らに対して多大なレコーディング代を支払っていたため、リリーホワイトにLPを完成させるように説得、結局彼が一人でミックスや仕上げを行った。そして1990年、アルバムThe La'sが完成・リリースされた。
このGo! Discs側の行為に対しリーは激怒。自らのアルバムにも拘らず「背の折れた蛇のようで嫌いだ」と公言し、最終的に「買うな」と述べた。しかし皮肉にも評論家からの評価はとても高かった。
アルバムが発表されたと同時に、Go! Discs側はThere She Goes, Timeless Melody,そしてFeelin'をシングルとしてリリースする。これらはいずれもアルバム・バージョンで、バンド側の思惑を逸脱したレーベル側の行為だと考えられる。
その後ツアーを行ったものの、1992年に中心メンバーであったジョンが脱退した後、バンドは解散表明さえ出していないながらも分解。その後、表舞台から姿を消すことになる。(尚、ジョンは脱退した翌年に新しいバンドCastを結成する)
10年以上にも渡り活動を休止していた彼らだったが、2005年に突如再結成すると発表、イギリスやアイルランドでのライブを行い、その年の夏には来日、サマーソニックではトリを務め、短いながらもツアーを行った。


歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー