The Monochrome Set

ジャンル:
The Monochrome Set プロフィール画像

The Monochrome Setのバイオグラフィー

まだ彼らが学生だった頃に結成されたバンド「B-SIDES」にはアダム・アント、レスター・スクウェア、アンディ・ウォーレン、そしてビドというメンバーが在籍していましたが、程なく解散。レスター、アダム、アンディは、アダム&ジ・アンツを結成しますが、そこをすぐに脱退したレスターが旧友ビドと結成したのがモノクローム・セットです。精力的なクラブ・サーキットを行い、ラフ・トレード・レーベルのジェフ・トラヴィスに気に入られ、同レーベルと契約に至り、またまたアダム&ジ・アンツを脱退したアンディ・ウォーレンが加入します。その後、アダム&ジ・アンツはスタイルを変えて大ブレイクしたのは周知の通り。このモノクロスの方は、ヴァージン傘下のレーベル「ディンディスク」、これまたヴァージン傘下の「プリ」、「チェリー・レッド」、WEA傘下のレーベル「ブランコ・イ・ニグロ」、そして「el」へと、レーベル移籍とメンバー・チェンジを繰り返しながら、数多くの名盤を残してきました。レスターのシャープなギターと、インド出身という話のビドのちょっと不思議な響きのヴォーカル、奇妙にポップな楽曲が一体となったねじれにねじれたモノクロス・ワールドは、強烈な個性がありました。余談ですが、「el」レーベル初のCD作品は、彼らのコンピレーション「ウエストミンスター・アフェアー」でした。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー