The Who

ジャンル:ロック
The Who プロフィール画像

The WhoのiTunes Store人気曲

The Whoのバイオグラフィー

ザ・フー(The Who, 1964年 - )は、イギリスのロックバンド。当初はスモール・フェイセズ(のちフェイセズに改名)と並びモッズカルチャーを代表するバンドとされていた。のちには、1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを発展させ、1971年発表の『フーズ・ネクスト』では当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスとT・S・エリオットに影響を受けた文学的知性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。

彼らの楽曲は常に聴き手、特に若者達の複雑な感情を代弁するものであり、その聴き手に対して常に誠実であろうとする姿勢は作詞・作曲家であるピート・タウンゼントの生涯一貫したものである。

ザ・フーはライブバンドとしての評価が高く、演奏は初期から大音量で行われていた。モータウン、R&Bのカバー・バンドという原点を持ち、ライブ演奏の技術の面で言えばビートルズ、ローリング・ストーンズといった当時絶大な支持を受けていた他のバンドを圧倒していた。リードベースと言われるジョン・エントウィッスルの高度なテクニック、全編フィルインとも言える手数の多いキース・ムーンのドラムは、他に類を見ない物であった。また、『ロック・オペラ “トミー”』などのドラマティックなロックオペラ、シンセサイザーのシークエンスフレーズと同期させた演奏など、画期的な試みも多い。

肉体的なパフォーマンスも有名であり、ロジャーはマイクを振り回し、ピートは縦横無尽に飛び跳ね、腕を振り回してコードを弾いた(=ウインドミル奏法。風車弾きともいわれるこの弾き方はローリング・ストーンズのキース・リチャーズのスタイルを参考にした)。キースは破天荒にドラムを叩き、ジョンは一人仁王立ちし複雑なフレーズを弾きこなす、というのが彼らのライブのスタイルであった。最後には、ギターやドラム、機材などをステージ上で破壊したことでも知られ(赤字になることもしばしばであった。)、こうしたステージパフォーマンスは、のちパンク・ロックのアーティスト(Sex Pistols,Pearl Jam等)に大きな影響を与える。元祖パンクとも言われ、シングルMy Generationは当時の労働者階級の子供たちの心情を歌詞にしたので労働者階級の子供たちのハートを一気に掴んだ。世界でも彼等に影響を受けたアーティストは数え切れない。


正式メンバー

ロジャー・ダルトリー (Roger Daltrey CBE, 1944年3月1日 - )(ボーカル)ライブでは曲によってハーモニカ、タンバリン、ギターも担当する。
ピート・タウンゼント (Pete Townshend, 1945年5月19日 - )(ギター、ボーカル、キーボード、シンセサイザー)ザ・フーのメイン・ソングライター。
ジョン・エントウィッスル (John Entwistle, 1944年10月9日 - 2002年6月27日)(ベース、ボーカル、ブラス)
キース・ムーン (Keith Moon, 1946年8月23日 - 1978年9月7日)(ドラムス)
ケニー・ジョーンズ (Kenney(またはKenny)Jones, 1948年9月16日 - )(ドラムス)キース・ムーンの死後1979年に加入し、1988年2月8日の英国レコード産業協会 (BPI) 特別功労賞受賞時の再結成ライブまで在籍した。

サポートメンバー

ジョン “ラビット” バンドリック (John "Rabbit" Bundrick, 1948年11月21日 - )(キーボード、ボーカル)(在籍期間 1979年 - 1981年、1985年 - )
ザック・スターキー (Zak Starkey, 1965年9月13日 - )(ドラムス)(在籍期間 1996年 - )
サイモン・タウンゼント (Simon Townshend, 1960年10月10日 - )(ボーカル、ギター)(在籍期間 1996年 - 1997年、2002年 - )
ピノ・パラディーノ (Pino Palladino, 1957年10月17日 - )(ベース)(在籍期間 2002年 - )



歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー