Todd Rundgren

ジャンル:ロック
Todd Rundgren プロフィール画像

Todd RundgrenのiTunes Store人気曲

Todd Rundgrenのバイオグラフィー

トッド・ラングレン(Todd Rundgren, 1948年6月22日 - )は、アメリカのペンシルヴァニア州アッパー・ダービーに生まれたミュージシャン。一般的にはロックンロール、ソウルなどのジャンルに属するアーティストとされるが、ジャンルにとらわれない幅広い音楽活動を行い、非常に多くの作品を発表している(ただ、主に70年代の楽曲においてはビートルズからの大きな影響が指摘される)。

美しく切ないメロディを作り出すメロディメーカーとしてだけでなく、XTCやバッドフィンガー、グランド・ファンク・レイルロード、ジェシ・ウィンチェスターやザ・バンド、さらにはホール&オーツなど数々の有名バンド・アーティストのプロデュースを行ったプロデューサーとしても、さらには1970年代という早い段階から、自分ですべての楽器を演奏しヴォーカルをとる自宅録音を行うなど、マルチ・プレイヤーとしても知られている。 1980年代後半から1990年代前半にかけては高野寛、レピッシュなど、日本のアーティストのプロデュースも手がけたこともある。現在はハワイに在住し、今なお精力的に音楽活動を続けている。

古くからマッキントッシュの熱狂的ファンであり、アップル・コンピュータのコマーシャル映像やイベントなどに登場したこともある。


アルバム

[]内は邦題

* Runt [ラント] (1970年)
* Runt - The Ballad Of Todd Rundgren [ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン](1971年)
* Something/Anything? [サムシング/エニシング?(ハロー・イッツ・ミー)] (1972年)
* A Wizard A True Star [魔法使いは真実のスター] (1973年)
* Todd [未来から来たトッド](1974年)
* Initiation [未来神](1975年)
* Faithful [誓いの明日](1976年)
* Hermit of Mink Hollow [ミンク・ホロウの世捨て人](1978年)
* Back To The Bars [バック・トゥ・ザ・バース(未来への回帰・ライブ)](1978年)
* Healing [ヒーリング(トッドの音楽療法)](1981年)
* The Ever Popular Tortured Artist Effect [トッドのモダン・ポップ黄金狂時代](1983年)
* A Cappella [ア・カペラ](1985年)
* Nearly Human (1989年)

ジャケット写真は海外盤は6本指だが、日本盤では5本指となっている。

* Second Wind (1991年)
* No World Order (1992年)
* the Individualist (1995年)
* Up Against It (1997年)
* With a Twist (1997年)
* One Long Year (2000年)
* LIARS (2004年)

ベスト版

* Free Soul - The Classic of Todd Rundgren (1998)
* Go ahead.Ignore me - The Best of Todd Rundgren (1999)

代表曲

* I saw the light (1972)
* Hello,It's me (1973)
* A Dream Goes On Forever(1974)
* Can we still be friends(1978)





歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー