Ulrich Schnauss

ジャンル:
Ulrich Schnauss プロフィール画像

Ulrich Schnaussのバイオグラフィー

1977年生、ドイツ出身。
今の名義を使うまでに、複数の名義で作品をリリースしている。特筆すべきは"View to the Future"、"Ethereal77"で、これらの名義で活躍したことなどからCity Centre Officesの注目を浴び、2001年に"Far Away Trains Passing By"をリリース。マスタリングはDubplates & Mastering。
翌年はMorr Musicのコンピレーション"Blue Skied An' Clear"に2曲提供。2つともボーカルにJudith Beckを迎えた楽曲だが、このJudithはUlrichの次アルバムでもボーカルとして参加している。
2003年にその"A Strangely Isolated Place"がリリース。
それから3rdアルバム"Goodbye"がリリースされるまでに少し間が空いたが、その理由にUlrichは「驚異的な問題」(レーベルがCCOからDominoに変わっているのに何か関係はあるのだろうか)が存在したのと、ライブパフォーマンスが面白いためそちらに注力してしまったことを挙げている。