Wonder Girls

ジャンル:
Wonder Girls プロフィール画像

Wonder Girlsのバイオグラフィー

ワンダーガールズ(원더걸스、Wonder Girls)は、韓国出身の5人組女性歌手グループ。歌手として名声を得たパク・ジニョンがプロデュースを手がけ、メンバーは、パクが設立したJYPエンターテインメントに所属する。

2007年 2月10日、「Irony」(MBC)でデビューし、「Tell Me」は幅広い層に人気を集め、韓国全土にTell me シンドロームを巻き起こした。

メンバーは、全員オーディションで選抜されている。

2001年7月、SBSの番組『超特急日曜日万歳』のコーナーの中で、歌手であり、プロデューサーでもあるパク・ジニョンによって、ソネが選抜され、彼女を主軸としたグループを作ることとなった。

その後、ヒョナ・ソヒ・ソンミがそれぞれ公開オーディションを通じて選抜され、5番目のメンバーであるイェウンは、2007年1月、MTV・ダウム主催『UCC スター選抜大会』の中で選ばれ、グループに合流した。プロデュースしたのが、godやピ (Rain) などの有名スターを育てたパク・ジニョンということもあり、デビュー前から大きな話題を呼び、デビュー過程はMTV『Wonder Girls』を通じて放映された。

2007年2月10日、MBC『ショー! 音楽中心』でシングル「The Wonder Begins」の収録曲「Irony」でデビューする。

デビュー以降、ワンダーガールズは多くの困難を経験した。同年6月12日、ソヒが映画の撮影中に発生したバイク事故による膝の怪我により、活動を休止。メンバーは4人体制での活動を余儀なくされる。また7月30日には、ヒョナのメンバー脱退が発表された。3月と4月に入退院を繰り返すなど体調が思わしくなかった彼女について、所属事務所側は今後の正常な芸能活動は不可能と判断。彼女の両親と相談の結果、脱退を受け入れた。以降の一定期間、当初5人のグループはなんと3人体制での活動を強いられることになる。

2007年9月、脱退したヒョナの代わりに、ユビンがメンバーに合流した。ユビンは約2年間の研修を経て、他の5人組女性グループのメンバーとして、デビューの準備を進めていたが、所属事務所の経営状態の悪化により、その道のりを閉ざされる。そこで彼女はオーディションに応募し、ワンダーガールズに合流することになる。

9月13日、ファーストアルバム『The Wonder Years』リリース。アルバム全体のレトロなコンセプトに会わせて、メンバーたちの衣装やヘアスタイルなどは1980年代風にアレンジ。リード・シングル曲の「Tell me」は、Stacey Qの「Two Of Hearts」をサンプリングした軽快なメロディに、「Tell me, Tell me, T-T-T-T-T-Tell me...」と中毒性あるリフレーンが乗る印象的な曲で、後述する一大ブームを巻き起こすほどのスマッシュ・ヒットとなる。

しかし、リリース翌日の9月14日、メンバーたちは東義科学大学で行われた大学祭でのイベントを終えて帰る途中、交通事故に遭遇。衝突した相手方のタクシー運転手は死亡、マネージャーとメンバーも軽傷を負う。

一時は入院するほどの騒ぎになったが、幸いにもその4日後に退院。所属事務所の配慮によりわずかな休養期間を取ったが、2週間後の9月27日より活動を再開する。

不運が続いたワンダーガールズであったが、アルバム発売以降、タイトル曲である「Tell me」は爆発的な人気を博し、各種音楽番組やオンラインチャートを席巻する。KBS『ミュージックバンク』で合計5回、MBC『ショー!音楽中心』では合計4回の1位を獲得、SBS『人気歌謡』では、1位に該当する「ミューティズン・ソング」を3週連続で受賞。また、メロン、トシラク、JukeOnなどの音楽サイトが発表した週間ランキングでは、8週連続で1位を獲得した。

楽曲の人気のみならず、その印象的な振り付けも話題となり学生・警察・軍人などのファンが「Tell me」の振り付けを真似た多くの動画がアップロードされた。また多くの芸能人が出演する番組内でその振り付けを真似てみせた。このような、ワンダーガールズが韓国に巻き起こした一連の現象を指す「Tell me シンドローム」「Tell me 熱風」という言葉まで登場した。

ファーストアルバム『The Wonder Years』の売り上げは、発売から年末までの4ヶ月で、年間ランキング、ハンターチャート基準で約40,000枚で21位、韓国音盤産業協会基準で47,927枚で15位を記録した。

また、12月には『The Wonder Years』に収録された「このバカ」(이 바보)で活動し、コメディアンのパク・ミョンスの「ファン・ジニ踊り」が振り付けに加えられるなどし、話題になる。

2008年に入ると、アメリカに渡り、テレビ番組『Wonder Girls: シーズン3』の撮影に入り、同時に彼女たちのプロデューサー、パク・ジニョンや同じ所属事務所の仲間とともに『The JYP Tour』と題した音楽イベントに参加。また、タイでは、1万名余りが参加したファンミーティングに出席するなど、国内のみならず海外の活動にも積極的に展開する。

4月に入り、第18代総選挙では、中央選挙管理委員会の「公明選挙広報大使」に任命された。

5月には、新曲公開に先立ち、1日に1枚ずつメンバーのコンセプト写真を公開し、最後の全体写真が公開された翌日の5月22日に2枚目シングル曲「So Hot」とミュージックビデオがオンラインで公開された。

公開後、各種オンラインチャートで1位を獲得。テレビ音楽番組でも1位を独占し、「Tell me」同様爆発的な人気を博し、他の芸能人や一般人が振り付けを真似するなどの人気を博す。また、YouTubeの韓国内単一映像としては、異例の100万ヒット数を超え、人気の凄さを内外に知らしめた。

6月10日、ソンミがインタビュー中に呼吸困難を起こし、病院へ搬送。検査の結果、過労と診断されたが、すぐに復帰。5人での活動を再開する。

「Tell me」「So Hot」と2曲続けて大ヒットを連発し、後続曲に期待の重圧がかかる中、新しい楽曲製作作業に着手した。9月22日、新曲「Nobody」をミュージックビデオとともに公開し、この曲が収録されたシングル「The Wonder Years - Trilogy」が9月30日に発売された。

「Nobody」は、80年代ダンスミュージック復古の「Tell me」、70年代復古の「So Hot」に続く復古コンセプトの延長線上にある曲で、きらめく舞台の中、60年代の復古的ファッションに身を包み、中毒性ある振り付けをこなす彼女たちの曲は、前述2曲同様、各種オンラインチャートで1位を獲得し、人気を集めている。

同曲は、2009年10月第3週のBillboard Hot 100チャートの76位にランクイン。この記録は、アジア人新人歌手(米国)として1980年のイエロー・マジック・オーケストラ以来約30年振り、韓国人歌手として史上初の快挙である。

現在、韓国の女子高生が彼女たちの振り付けのポーズを真似して、プリクラで撮影する姿が多く見られるほど影響力が強い。

メンバー

ソネ(선예:SunYe)(USA-> Sun)
本名:ミン・ソネ (閔先藝:민선예)
1989年8月12日生まれ
チームリーダー、ボーカル
メンバーの中で、お母さん的存在

イェウン(예은:YeEun)(USA-> Yenny)
本名:パク・イェウン (朴譽恩:박예은)
1989年5月26日生まれ
ボーカル
メンバー内で、一番の声量の持ち主
メンバーの中で、お父さん的存在
食いしん坊

ユビン(유빈:YuBin)
本名:キム・ユビン(金瑜斌:김유빈)
1988年10月4日生まれ
ラップ、ボーカル
2007年9月グループに合流
元五少女メンバー

ソヒ(소희:SoHee)
本名:アン・ソヒ(安昭熙:안소희)
1992年6月27日生まれ
ボーカル
以前は、ソンミと人気を分け合ってきたが、ソンミが脱退してから、不動の人気である


ヘリム(혜림:HyeRim)(USA-> Lim)
本名:ウ・ヘリム(禹惠林:우혜림)
1992年9月1日生まれ

元メンバー

ヒョナ(현아:HyunA)
本名:キム・ヒョナ(金泫雅:김현아)
1992年6月6日生まれ
ラップ、ボーカル
2007年7月、健康上の理由により脱退。
現在4minuteのメンバー

ソンミ(선미:SunMi)(USA-> Mimi)
本名:イ・ソンミ(李宣美:이선미かつてはソン・ミであったが、両親の再婚により、改名した。)
1992年5月2日生まれ
ボーカル
コンプレックスは、食べても、食べても太らない体形