XTC

ジャンル:ロック
XTC プロフィール画像

XTCのiTunes Store人気曲

XTCのバイオグラフィー

XTC(エックスティーシー)とは、1977年10月にデビューしたイギリスのロックバンド。バンド名はアンディ・パートリッジがEcstasyを捩ったもの。

何度かのメンバーの加入・脱退を経て、現在はアンディ・パートリッジ(ヴォーカル、ギター)だけが残り、実質活動休止状態である。

デビュー当初は、当時勃興してきたパンク/ニューウェーブ・ムーヴメントの文脈で語られていたが、アンディの独特な和声を使ったソングライティングとバリー・アンドリューズ(ヴォーカル、キーボード)の音色・奏法共に変態的なキーボードプレイを特徴とするその音楽性は、凡百のパンクバンドとは一線を画するユニークな存在であった。その後、バリーの脱退や音楽に造詣の深いデイヴ・グレゴリー(ギター、キーボード)の加入もあり、アルバムを重ねるごとにビートルズやビーチボーイズ等に影響された、ポップでいて非常に深化した音楽を聴かせるようになる。

主にメディアに取り上げられ評価されている中期の最高傑作として『ブラック・シー』が挙げられるが、それ以降の音楽性は初期のリズムとロック性を強調した荒削りな作風から、次第にあたかもビートルズに対するオマージュを思わせるかのような柔和で甘美なポップスへと変化している。そのターニングポイント的な作品が『スカイラーキング』である。そのアルバムはXTCのメンバーと同様にビートルズの影響を受けているトッド・ラングレンがプロデュースに就いたが、アンディ・パートリッジ自身はその作品を気に入っていなかった。次作『オレンジズ・アンド・レモンズ』以降、新奇な試みはかなり減少したものの、より繊細なタッチのポップスとして音楽性を変化させていった。

メンバー
アンディ・パートリッジ(Andy Partridge,1953年11月11日 -)ヴォーカル、ギター。マルタ出身。3歳の時に、両親の故郷であるイギリス、ウィルトシャー、スウィンドンに移り住む。

過去に在籍したメンバー
バリー・アンドリューズ (Barry Andrews,1956年9月12日 -) ヴォーカル、キーボード。1979年1月脱退。
テリー・チェンバーズ (Terry Chambers,1955年7月16日 -) ドラムス。スウィンドン出身。1982年9月脱退。
デイヴ・グレゴリー (Dave Gregory,1952年9月21日 -) ギター、キーボード。スウィンドン出身。1979年3月5日加入。1998年3月脱退。
コリン・モールディング(Colin Moulding,1955年8月17日 -)ヴォーカル、ベース。スウィンドン出身。2006年11月脱退(引退説有り?)。



歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー