Yoshiki

ジャンル:アニメ
Yoshiki プロフィール画像

YoshikiのiTunes Store人気曲

Yoshikiのバイオグラフィー

YOSHIKI(ヨシキ、本名:林 佳樹 [はやし よしき] 1965年11月20日 - )は、日本の音楽家。音楽プロデューサー、ドラマー、ピアニストで作曲家、マルチプレイヤー。ロック・バンドX JAPANのリーダー、プロデューサーとして知られており、ドラムとピアノを担当。

千葉県館山市の裕福な呉服屋の家庭に二人兄弟の長男として生まれる。誕生日を迎えるごとに新たな楽器を買い与えられるなど、音楽に恵まれた環境で子供時代を過ごした。4歳から自宅そばのピアノ教室でクラシック・ピアノのレッスンを受け、小学校2年で最初に買ったシューベルトの交響曲第8番ロ短調「未完成」とベートーベンの交響曲第5番ハ短調「運命」が収録されたレコードでクラシック音楽に目覚める。とりわけベートーベンに対しては、若くして難聴となりながらも数々の名曲を残した苦難の人生を伝記を通じて知り、強い興味を抱いた。小学校4年から中学校2年までブラスバンドでトランペットを吹く。ピアノでの曲作りも小学校4 - 5年からはじめる。10歳で自殺により父親を亡くし、父親の死後は母親の手で育てられる。小学校5年まではほとんどクラシック音楽しか聴いていなかったが、キッスのシングル「ラヴ・ガン」でロックに目覚め、母親に頼み連れていってもらったキッスの武道館公演をきっかけにドラムとギターを始めた。
小学校6年生で初めてのバンドを、幼少からの友人であったToshIとともに結成。当時YOSHIKIは、ドラムとボーカルを兼任していたが、声変わりが遅く高声しか出すことが出来なかった。中学校に進学後、ドラムに専念し、キッスやレッド・ツェッペリン、ディープ・パープルなどのコピーをはじめる。高校2年から音大を目指し、本格的にピアノに打ち込む。また音大受験用のプログラムを通してソルフェージュや和声、楽典などの音楽理論を学ぶ。
高校2年の夏、ToshIと同級生とでX(現在のX JAPAN)を結成。

ソロ活動として、バンド活動と平行して小室哲哉とのユニットV2を1991年に結成。1992年からロサンゼルスに自身のレコーディングスタジオを構え、制作の拠点をアメリカに移す。MIDIやシンクラヴィアなどに触れ、コンピューターベースの制作環境に関心を持ち、バンドの枠を超えたプロジェクト、Violet UKを構想する。この時期にキース・ジャレットの『ザ・ケルン・コンサート』をきっかけにジャズ・ピアノに目覚め、ジャズの理論やインプロビゼーションを学び始める。また、同時期からオーケストレーションについても学び始める。
東芝EMIと1992年に初のソロ契約をし、翌年にビートルズのプロデューサーとして知られるジョージ・マーティンとのクラシックアルバム『Eternal Melody』をリリース。その後もクイーンのロジャー・テイラーとのコラボレーション作品「Foreign Sand」のリリースや、キッスのトリビュートアルバム『トリビュート -KISS MY ASS-』の参加など、世界的に著名なミュージシャンとのコラボレーションがあった。またプロデュース活動も開始し、LUNA SEAやGLAY、ZI:KILLをプラチナム・レコードや自らが代表を務めるExtasy Recordsからデビューさせた。
ToshIとの離別やX JAPANの解散、HIDEの急逝で精神的に落ち込んでいた1997年からの2年間は、北野井子やDir en greyのプロデュースを手がけるものの、表舞台には一切上がらずにいたが、1999年に天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典の奉祝曲の制作依頼を受け、作曲したピアノ協奏曲ハ短調「Anniversary」を式典で御前演奏。この時に受けた歓声が再起の契機となった。再起後はViolet UKでの制作活動に集中した。プロデュース活動も継続し、TRAXのデビューや、2000年に設立したExtasy JapanとExtasy Records Internationalレーベル所属のアーティストのデビューに携わった。2002年にはglobeに加入し、「seize the light」をリリース。後にYOSHIKIを加えた活動時には、ユニット名がglobe extremeになることを発表した。
X JAPAN解散後は、管弦楽で の活動が増し、東京国際フォーラムで「Yoshiki Symphonic Concert 2002 with Tokyo City Philharmonic Orchestra featuring Violet UK」を2002年に開催。後にDVDとして発売されたこのコンサートは、弦楽器に比重が置かれた16型編成のクラシックスタイルコンサートで、藤原いくろうとコンスタンチン・クリメッツが指揮した。また2005年日本国際博覧会(愛知万博)の公式イメージソング「I'll Be Your Love」を制作し、開会式においてEXPOスーパーワールドオーケストラが演奏するクラシックアレンジバージョンを指揮した。2作目となるクラシックアルバム『Eternal Melody II』もリリースされた。
その他にも、2003年にNHKのテレビ放送50周年記念番組「あなたとともに50年 今日はテレビの誕生日」のエンディングテーマ「君だけだから」、2004年に宝塚歌劇花組公演「TAKARAZUKA舞夢!」で使われた「世界の終りの夜に」を作曲。2006年には、劇場長編アニメーション映画「ベルサイユのばら」の音楽を担当することを発表した。
2006年の8月5日、ボルチモアで開催されたアニメコンベンション「Otakon 2006」に特別ゲストとして招かれ、翌2007年には5月25日と26日にロサンゼルスのウィルターン・シアターで「J-Rock Revolution Festival」を主宰。アメリカにおけるジャパニーズロックの人気に注目したアメリカの大手イベントプロモーター会社ライブ・ネイションの企画から実現したこのイベントには、アリス九號.やヴィドール、DuelJewel、Kagrra,、Miyavi、D'espairsRay、メリー、ギルガメッシュ、ムックらが出演した。YOSHIKIは、このイベントのオーガナイザーを務め、GACKT、SUGIZO、雅-miyavi-とのロックバンドS.K.I.N.の結成と、6月にロングビーチで開催された「Anime Expo 2007」でのS.K.I.Nのファーストライブ決定を発表した。また、2007年公開のアメリカ映画「カタコンベ」の主題歌制作や、2008年に公開されたアメリカ映画「Repo!」の音楽総監督や製作総指揮、主題歌制作を務めるなど、アメリカにおける活動が増えた。
2011年5月27日から、アラスカとハワイを除く全米で展開しているアメリカの衛星ラジオ局シリウスXMの「ザ・ボーンヤード」で「YOSHIKIラジオ」と題された音楽番組のホストを務める。YOSHIKIが影響受けた音楽や、アニメなどの日本のポップカルチャーも紹介する。2010年10月にニューヨークで行われたX JAPANのコンサートを見て関心を持ったラジオ局の関係者が、YOSHIKIに新番組の依頼をしたことがきっかけとなった。番組は月に1回、1時間全編を通して英語で放送される。27日の東部時間20時から1回目が放送され、2回目となる6月5日以降は毎月第一日曜日の東部時間21時から放送される。

現在は2007年に再結成したX JAPANの活動に傾注している。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー