Zaz

ジャンル:
Zaz プロフィール画像

Zazのバイオグラフィー

ZAZ(本名:Isabel Geffroy・イザベル・ジュフロワ)が
フランス中部の都市、トュールに生まれたのは1980年のこと。

幼少期から地元の音楽学校に通っていたZAZは、
ヴァイオリン、ピアノを習い、クラシック音楽や音楽理論を学んだ。

その後、CIAM音楽学校に入学したZAZ は
ジャズ・ヴォーカルの魅力に惹かれるようになりアンサンブル活動を開始、
また、バスク音楽のダンス・オーケストラの団員としても活躍した。

22歳を迎えた頃、
ラテン・ロックバンドの「ドン・ディエゴ」と出会ったZAZはその後4年間活動をともにする。

2006年、パリに身を移したZAZはキャバレーで週七日、
夜の11時から朝の5時までマイク無しで歌う日々を送る。

また、同時期、モンマルトルの路上でストリート・ライブを行うようになり、
その噂は次第に広がってゆく。

永遠のシャンソンの女王として知られたエディット・ピアフの
ミュージシャンとしてのキャリアも路上で歌うことから始まったことと、
ピアフ同様、その心をくすぐる甘さと切なさを持つハスキーヴォイスから、
「ZAZはピアフの再来か」とまで言われるようになっていく。

2007年、後にZAZの大ヒット曲となる「私の欲しいもの」の作詞/作曲者でもある
Kerredine Soltani(ケレディン・ソルタニ)との出会いが、
彼女の運命を決定づける。

ZAZの魅力と能力を見出したケレディン・ソルタニは
彼女の音楽的才能を開花させるべく、
ZAZに作詞・作曲をするよう、強く勧めるようになる。

そしてついに2009年一月、
オランピア劇場で行われたシャンソン新人発掘コンテストに優勝したZAZに
アルバムデビューの道が開かれ2010年に、メジャーデビュー。

デビューを果たしたZAZの人気はその後、燎原の火のごとく広がり、
瞬く間に名実共に現在フランスを代表するシンガーとなる。

2011年、ヨーロッパ・ツアーだけでなく、
4月5日・6日にはパリ・オランピア劇場にてワンマンコンサート、
5月にNHK BSプレミアム「アメージング・ボイス」でも特集され、
7月に米国デビューを果たすと、9月には米国ツアーを大成功させ、
その勢いは止まる所を知らない。