Ircle

ジャンル:
Ircle プロフィール画像

Ircleのバイオグラフィー

2001年 大分県別府市にて同中学の同級生であった荘田、河内、伊井、仲道の4人が文化祭出演を目標に結成する。メンバーの頭文字「SKIN」をもじって「SKIN-HEADz」というバンド名で文化祭を中心にライブ活動を行う。2003年 高校入学を機に、以前から書きためていたオリジナル曲を作成し、ライブハウスでの活動を開始する。高校二年時には自主音源を制作、初の主催イベント「HEAD ROCK」では200人を超える動員を果たす。2004年 1st demoCD「コルト」をライブハウス限定で販売し僅か半年で大分を中心に1,000枚SOLD OUT! この頃から九州、四国、広島などにも活動の場を広げ、LOST IN TIME、DOPING PANDA、ART-SCHOOL、曽我部恵一、 GOOD4NOTHINGなど多彩なジャンルのバンドと対バンを果たす。2006年 大学進学を機に、活動拠点を福岡に移す。2nd DemoCD「TINA」を発表し、九州を中心に1000枚SOLD OUT!「TINA」に収録される楽曲クオリティがライブシーン、 音楽関係者内で話題になり始める。主催「NEXT ROCK FES」ではGENERAL HEAD MOUNTAIN、阿部真央、Cinema Staffなど次世代アーティストを招き、 次なる音楽シーンを提示するイベントを展開する。2008年 西日本での活動には収まらず2度の全国ツアーを行い都内近郊ライブシーンでも話題になり始める。2009年 debut e.p.「未来」TOWER RECORDS大分、福岡にて限定発売し3週連続インディーチャート1位を獲得!これを期にバンド名を「ircle(アークル)」に改名する。ircleとは,円(circle)のもつ完全の象徴という意味合いを、 その頭文字であるCをはずし、型を崩すことによって「今ある世界に新しい風穴をあける」という思いをこめて作った造語である。4人それぞれ様々な音楽のバックグラウンドをもち、それを「ircle」という一つの形にまとめあげ、ジャンルの垣根を越えていく楽曲、 そして人間味が熱くみなぎるライブでオーディエンスを魅了する。2009年3月29日 結成9年の集大成として故郷、大分T.O.P.S初ワンマンライブは見事SOLD OUT!8月5日 18歳時に発売した幻の名盤「TINA(リマスター版)」を全国発売し各方面で話題を呼ぶ。リリースに伴い3度目の全国ツアーを行い全国で着実に動員を伸ばしている。2010年1月20日、結成10年の集大成となる2nd mini album「μミュー」を発売する。
                                        ( MySpace より転載 )